咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

坊主にして、口ひげと、あごひげを生やしたら…




今日は、3時頃、娘と父の病院へ行った。

昼食を食べ、まったりしたところだったのか、昼寝の真っ最中。

気持ちよさそうな顔をして寝ていたので、声をかけずに帰ってきた。




夕方、息子がやってきた。

「一緒に病院に行こうか?」

という事で、息子と二人で病院へと。


夕方6時。

ちょうど夕食が始まったところだった。

介添えが必要でなく、自力で食事ができる患者さんは、TVの置いてある広間(?)に集まって、

食事をすることになっている。

父も、そのテーブルの輪の中にいた。

病室のベッドサイドテーブルで、ひとりで食べるよりも、みんなと集まって食べるほうが、

きっと断然美味しいはず。



父は、息子に子供がいることを忘れていたようだ。

まぁ、それは想定内。

「もうすぐ、ひ孫が増えるからね!」

カンナちゃんが、秋に生まれることを知らせて帰ってきた。





先日、高橋大輔さんが、現役復帰するというニュースをみて喜んだ。

ナゼ、話がブッ飛んで、高橋大輔さんが、出てくるのかというと―――

息子と、高橋大輔さんは、似ているのだ。

高橋大輔さんをバリカンで坊主にして、口ひげと、あごひげを生やしたら…

あら不思議!

息子の出来上がり!(//∇//)


息子が似ているからというわけでは無いのだけれど、高橋大輔さんは大好きなアスリートだ。

現役復帰したことに驚いたけれど、嬉しい。

ファンや、周りの人のためではなく、自分のためだけに頑張りたいといった高橋大輔さん。

「自分のためだけに…」

それでいいと思う。

全力で応援しまっせ!!( ̄0 ̄)/ オォー!!









 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
0

もう夏休みなんだね~




危険な猛暑が続く毎日、いかがお過ごしでしょうか?



部屋の中は、じっとしてても汗が流れ落ちてくる…

私は、ひとりしかいない時は、絶対にエアコンは付けない。

扇風機の前で、じっと耐える日々。

熱中症にならないよう、こまめに水分はとっているけれど、やっぱり暑いものは暑い。

この暑さは、いつまで続くのだろう?



この暑さの中、全国各地で甲子園の県予選が行われている。

今日は休みだったので宮崎県高校野球の準決勝の試合をTVで見ていた。

地元の高校(娘の母校)が、ベスト4進出で、春の選抜に続き夏の甲子園も狙っていたのだけれど…

惜しくも負けてしまった。


そう言えば、学生さん、もう夏休みなんだね~

羨ましいなぁ~

私も長期休みが欲しいと思う今日この頃…

1週間くらい、ダラダラゴロゴロ過ごしたいよ~~~!



今日はネタがないので、こんな感じ。

何もなく、平穏な一日。

こういうのが一番いいのかもしれないね。








web拍手 by FC2
2

看護師さんはスゴイのだ



毎日うだるような暑さが続いています。

これも地球温暖化による異常気象なのでしょうか?

こまめな水分補給で、熱中症の予防をしましょう!!




今日も、父の病院に行ってきた。

前回も、そうだったけど、看護師さんの仕事ってスゴイ!

仕事内容は、こと細かいものからハードなものまで。

命を預かる仕事なのでミスは許されない。

私には到底できないことばかり。


看護師さんにしてみれば

「仕事ですから」 

と、言うに決まっているけれど、一言で「仕事だから」では片付けられないと思うのだ。


患者さんも、千差万別。

言うことを聞いてくれる人、ワガママを言って困らせる人。

そんな様々な患者さんを平等に、献身的に看護する…

本当に頭が下がる。

看護師さんは、スゴイ!!


そんな看護師さんがいてくれるから、父の事をお任せして仕事に行くことができる。

看護する家族も自宅で休養する時間が持てる。

今夜も夜勤で、不眠不休で頑張っている看護師さんたち。

ありがとうございます。 m(_ _)m

そして、これからも、よろしくお願いします。





 

web拍手 by FC2
2

危険な暑さ



今日は、夜、娘の仕事が終わってから病院へ行った。

昨日は、私のこと分からなかったようだけど、今日は、どうだろう?

娘のことも分かるかなぁ…

不安と期待で、妙な緊張感。


話を端折って書くけれど―――

父は、どうやら視力が、かなり落ちているようで、ぼんやりしか見えてないようだ。

昨日、私のことが分からなかったのは、こういう理由からだと思われる。

今日は、私の顔をしっかり見てもらって

「おぉ!お前の顔は分かる!」 と言ってもらえた。

昨日の「あなたは誰ですか?」には正直ヘコんだけれど、今日はウキウキ気分で、

病室を出ることができた。

時間が一番の薬。

時間は、かかってもいい。

少しずつ、確実に進んでいくことができれば…






ところで―――

ニュースでは 「危険な暑さ」 と報道されている。

今日も各地で熱中症で救急搬送された人が、たくさんいたようだ。


私、思うんだけど―――

高校野球は時期を2ヶ月ほどずらして開催できないのでしょうかね?

選手も応援の人も、熱中症でバタバタと倒れているのに、

それでも試合を続けなければならないのですかね?

夏休みに絡めたいという思いは分かるのだけれど、生死に関わるような

危険な状態に陥る可能性があることも考慮したほうが良いのでは?


それからオリンピックの開催時期も問題があるよね?

前回の東京オリンピックは10月に行われたんじゃないの?

10月10日が「体育の日」になったのは、1964年の10月10日に東京オリンピックの開会式があったからじゃなかったっけ?

だったらナゼ、2020年の東京オリンピックを10月にずらせないのか?

競技の開始時間を1~2時間早めたところで、そんなに変わらないと思うのだけれど…

選手はじめ、応援の人も大変な事になるって予想できないのかね?



みなさまも、こまめに水分補給して熱中症の予防を!

私も仕事中にも関わらず、しっかりと水分補給しようと思います。

明日の水分補給は 「いろはす 桃」 を準備。(//∇//)

この夏の猛暑を元気で乗り切っていきましょう!










web拍手 by FC2
6

ところで、あなたは誰ですか?




今日は、お休みをもらっていたので朝10時過ぎに病院へ。

看護師さんが言われるには、年の割には回復力が高いようだと。

術後に頭に付けられたドレインも、お昼前に外すことができ、食事もとれるようになった。


病室で、父の昼食の介添えを

お腹が減っていたようで、すべて綺麗に完食。

食欲があるということは、とても良いことだ。

この調子で、元の生活に戻ることができたらいいな。


と、ここまでは良かったのだけれど―――

食事が終わり、一息ついたところで持参した誕生日プレゼントを渡した。

私が、袋から取り出し、

「ポロシャツと、ハーフパンツは、退院の時に着てね!」

「下着は、半袖が2枚入ってるから、すぐ着てもいいからね。」

私の説明に父は

「はい、ありがとう。――― ところで、あなたは誰ですか?」

私の顔をまじまじ見つめながら言った。


マジか!?

2時間近く病室にいて、食事も手伝ったと言うのに… _| ̄|○

軽いショックを受ける。

あぁ…

恐れていた事が…


「私よ! 娘やが!! ○○(私の名前)やが!分かるね?」

私の言葉に父は

「あぁ、そうか… 看護婦さんかと思とった…」 と。

本当に分かっているのか、いないのか…


昨日、手術したばかりなので、落ち込んでも仕方ない。

でも薬を飲む時に、看護師さんの確認作業なのか

「お薬飲みますよ~ お名前は何ですか?言えますか?」

その問い掛けに、父はフルネームを答えることができた。

まぁ、今は、それだけでも良しとするか… ( ´Д`)=3 タメイキ…



時間が、きっと解決してくれる。

今は、気長に待つだけ。

静かに見守ることにしよう。








 

web拍手 by FC2