FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
8

クーポン


昨日、ネットで「え~っ!べつにイイじゃん」という記事を読んだ。


その記事は、あるツイッターユーザーの女性が投稿した内容がネットで大炎上しているというもの。

「30代男性がマクドナルドでクーポン使ってるの見てドン引きどころか吐き気を催してしまった。生理的に気持ち悪い」

といった内容のもの。


その女性の言い分としては、クーポンは「お小遣いでなんとかやりくりしてる学生が使うものじゃないの?」と…

そうなの?

私、クーポンあったら普通に使うよ?

たかだか40~50円安くなるだけのものだけれど、その浮いた分で違うものを買ったりとかできるでしょ?

チリも積もれば…

ってそう言う言葉もあるのにね。


記事を読んだ多くの人は、私と同じ意見で、ツイートした女性に否定的だった。

だから大炎上したんだ。

人によって価値観は違うから、感じ方は違うだろうけど…

でも誰かに対して「ドン引きどころか吐き気を催してしまった。」とか「生理的に気持ち悪い。」などと言ってはいけない。

ツイッターというものは、後で削除しても、誰かが保存して永久に残っちゃうってことを理解してなきゃいけないよね。


お店側はクーポンを出して集客につなげているのだからクーポンを使ってもらうことは大歓迎なのに…

ポイントカードも同じようなもの。

私は、あまりポイントカードは多く持っていないけど、よく行くお店は必ずカードを出している。

けっこうポイント貯まるんだよね!(*´∀`*)

お得になるものはドンドン使わなきゃ!

庶民の私は、そう思ったりするのです。(//∇//)






(*゚◇゚)<食べ物系クーポンは使うよね?      もちろん!>(//∇//)





 

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

8 Comments

森の端材工房 says...""
クーポン、使う、使う。普通に使いますよね。
「そんなん、使わなどうするの!」と思ってしまいますが、気持ち悪いことなのでしょうか。
というか、吐き気までするという意味がよく分かりません。

クーポン以外でも、高い電化製品など高額な物を買う時は、一度は値切り交渉をもちかけるのですが、それは、関東の人には、はしたない行為という感じにとられるみたいですね。
大学生の頃、全国各地から来ている人と友達になりました。
パソコンを購入する時に、お店の人に値切っていたのですが、西日本からの友達は何も感じなかった様ですが、関東から来ていた友達からは、何か白い目で見られた事を思い出しました。

何度もしつこく値切るのは、みっともないと思いますが、一度や二度値切るのは、私的にはお店の人と仲良くなる愛想的な要素が強いです。
「もう少し何とかなりませんの・・・いやぁ~負けられませんなぁ・・・」

そんなやりとりが楽しかったのですが、今は値切りの分まで予め価格を下げて、値切り交渉には応じずという所が増えてきました。

これは、意見が2つにパックリ割れそうな気はします。
2016.10.18 01:21 | URL | #qbIq4rIg [edit]
野村四鶴雄 says..."クーポン"
 なぜ、そういうものがたまにですが出るのか理解はしていないのですが、先日、クーポンですと言って渡されました。クーポンって何?と言う理解しかないのですが、なにやら買い物の値段から50円引いてくれるらしいことは何となくわかっていました。

 以前と違い、毎日買い物に行きます。以前は何日以内に使ってくださいと書いてあって、時期が過ぎたり、出すのを忘れたりしてほとんど使っていませんでした。

 あれはお店側の理由があって出されるのでしょうがどういう理由なんでしょう?先日は使いました、値引きしてくれました。
2016.10.18 03:30 | URL | #9L.cY0cg [edit]
otosimono says...""
 いろいろな見方があるから仕方ないですね。
 でも、たかだか50円でも働いて収入を得るのは大変です。50円分の労働ではなくて、労働の一部としての50円ですから。そこには愚痴も涙もあります。
 ほほえましく思ってくださいとは申しませんが、「気持ち悪い」などと言わず、せめて可哀想だな程度に見過ごしてあげて欲しいですね。
 他方、店舗側としても本来、原価のあるものの方が販売促進に利用しやすいのです。売価100円でも原価は3分の一以下ですから。でも、現金割引のほうが消費者を誘引しやすいんですよね。しかし、そうすると利益そのものから減額されるから痛いんです。そこにも「たかが50円」の苦労があるんですよ・・・。
2016.10.18 23:06 | URL | #- [edit]
咲希 says..."森の端材工房さんへ"
こんばんは~!

クーポンあったら、普通に喜んで使っちゃいますよね?(//∇//)
お店も、使ってもらうためにクーポンを配っているのですから。

大阪の人は高額、低額、関係なく商品を値切る…
そんなイメージがあります。m(_ _)mゴメンナサイ
TVによって植えつけられたイメージなんですけど…
「ニィちゃん、勉強して~な!」
「お客さん、これ以上、安ぅなりませんがな。」
ニセ関西弁で申し訳ありません。(//∇//)
そんなやりとりもお客と店員のコミニュケーションのひとつとして理解しています。

でも値切って、ホントに安くなったりするのは、さすがだなぁと感心します。
値切らなソン!ですね。
良いものを少しでも安く!
買い物の極意ですね!(´∀`*)
 
2016.10.18 23:30 | URL | #- [edit]
咲希 says..."野村さんへ"
こんばんは。(*^_^*)

以前、某ハンバーガー屋さんでバイトしていたことがあります。
私もクーポンを配った経験から言わせていただきますと…

クーポンを配るひとつの理由としては、ひとりでも多くのお客さんに店に足を運んでもらいたい、という理由からではないでしょうか。
まだ利用したことのないお客さんには「この店は、こんな雰囲気のお店で、こういうものを取り扱っています。」と、知ってもらうため。
既に利用したことのあるお客さんには「新商品が出ました!」そういった告知も絡んでいるのでは?

とにかくクーポンは集客に繋がる一つのアイテム。
お店側は大歓迎のアイテムなのです。

野村さんも手元にクーポンがあったら、どんどん使ってくださいね。
お店も、きっと大歓迎のはずですから。(*^_^*)
 
2016.10.18 23:43 | URL | #- [edit]
咲希 says..."otosimono さんへ"
こんばんは。(*^_^*)

そうですね。
価値観の違いで、人それぞれの考え方がありますよね。
クーポンを使うか、使わないか…
それは個人の自由です。
でも使わない人が、使った人のことを「気持ち悪い」という表現はないと思います。
使う、使わないは、あくまでも個人の自由。
価値観の違いを他者に押し付けてはいけませんから。

クーポンはお客側の購買意欲を沸き立たせるアイテムでもあると思っています。
「50円浮いたから、ついでにアイスクリームとコーヒー買おうか?」
「ついでにこれも…作戦」と言っておきましょうか?(//∇//)

そんな理由からもクーポンを配っていると私は思うのです。(*^_^*)
2016.10.18 23:58 | URL | #- [edit]
ビバ子 says...""
こんばんは♫

咲希サン♫ 相変わらず、ネタのピックアップにセンスが光ってますわ(笑)
面白いお話ですね!

クーポンは、私は出来るだけ使いたい派です!
せっかくのクーポンを家に忘れて来て、値引きなしで買うことになったら、わずかな金額でも、すごく損した気分になります。
小市民ですね(笑)

でも、年上の男性がクーポンを使う姿は見たくないかな。
使う事には賛成だけれど、例えば、デートで支払いの際に
クーポン出して値引きしてもらっている姿を見たら、幻滅しちゃう。
1人の時や、私の見ていない時にしてちょーだいって。
つまり女性の前では格好つける気持ちを持っていて欲しいのです。
私って、夢見る夢子ちゃんなのね。きっと(笑)

年代によって意見が変わる例だと思います。
ちなみにスタンプカードもたくさん持ってるよー♫






2016.10.19 00:12 | URL | #/7CmAM7k [edit]
咲希 says..."ビバ子さんへ"
こんばんは。(*^_^*)

やっぱりクーポンはお得なので使いたいですよね!
行く予定のないお店でも、クーポンがあったら一応取っておく派の私です。(//∇//)

でも…
デートの時は別ですよ。
分からないように使うのはセーフ。
自分が横に居るのに躊躇なく使ってるのを見たらアウト~!!
でも結婚後は、どんどん使ってかまわないんだな~
てか使わんとダメやろ!的な…
独身時と結婚後は違う、なんとも勝手な考えであります。

女性はみんな夢見る夢子ちゃんなのです。
ワガママは女性の特権なのであります。(//∇//)
2016.10.20 00:05 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/2228-51d9c5e9