FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
2

「 な 」


ネタが見つからない…(´;ω;`)

1時間ほどネットサーフィンやってるけど見つからない。

最終手段は「ネタ無し五十音」

もう、ずっとやってなかったなぁ…


今日は「な」



鍋か?

やっぱり、この季節「な」がつくものといったら鍋っしょ?

鍋と言っても土鍋とか雪平鍋とか、調理器具の鍋のことを語っても面白くないよね?

やっぱり鍋と言ったら「鍋料理」のことを書かなくちゃ!


ということで、鍋を調べてみたら―――

人気なのは「もつ鍋」 「ちゃんこ鍋」 「キムチ鍋」

「カレー鍋」 「トマト鍋」 と言った洋風鍋も人気だ。


で、ちょっと気になったのが「おでん」

「おでん」は鍋料理なのかな?

私の個人的な考えとしては「おでん」は鍋料理ではないと思っているのだけれど…

私の考えとしては「おでん」は煮込み料理。

「おでん」が鍋料理のランキングにランクインしてたのは、ちょっとおかしい気がした。


あの…

これは私の個人的な考えなので怒らないでね!

ネタも時間もなくてテキトーに書いた記事だから怒らないでね!



明日、面白い出来事がありますように…( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪



web拍手 by FC2
スポンサーサイト



0

「 と 」


ネタが思いつかない…

最近、ネタが思いつかないことが多くなってきた。

何にもない平凡な日常を過ごしているせいか、本当に何もネタがない。

困ったな…


なので、アレをやる。

「ネタ無し五十音」


今日は「と」


と…


トマト


最近、トマトジュースが流行りなのだとTVのニュースで聞いた。

体に良いそうだ。

特保の商品も出ているという。


トマトジュースは嫌いという人は、けっこう多いそうだ。

私はと言うと―――

これが好きなんだな~♪

塩分が入ってない商品もあるようだけど、私は塩入りのトマトジュースが好きだ。

青臭くて、しょっぱい、キンキンに冷えたトマトジュースは、お風呂上がりにピッタリだ。


が―――

昔、むかし…

私が小学生の頃。

夏休みに、母の実家に遊びに行ったときのこと。

母の母、つまり私の祖母が冷えたトマトを切って出してくれた。

お皿には白い粉がこんもり盛られていた。

当然、塩だと思い、ひと切れつまんでソレを付けて口に入れた。


あ…あれ?

これ、砂糖?


ばぁちゃん、歳とってボケたのかな?

母に小声で「これ、砂糖だよ。」と教えた。

母の答えはこうだった。

「うん。」


別に間違えたのじゃなく、砂糖だと分かっててお皿に盛ってくれたのだ。

その時は、初めての経験だったのでビックリしたけど、トマトに砂糖って別に全然不思議じゃないのね…

てか、「トマトに塩」ってのに驚く人もいるってことも知った。


ところ変われば品変わる。

トマトには砂糖でも塩でも、どちらも間違ってないのだ。




(*゚◇゚)<でも、やっぱり…     塩がイイのだ!>(*´∀`*)




 

web拍手 by FC2
4

「て」


ネタがない…

ネタが思いつかない。

PCに向かって1時間ばかし、ああでもない、こうでもない…

悩んだ挙句、久しぶりに「ネタ無し五十音」やってみるか。


今回は「て」

て…



定期券!

懐かしい響きだ。

18歳で車の免許を取ってからバスや電車に乗ることはほとんどなくなってしまった。



中学を卒業して進学した学校に通うには電車に乗らなければならなかった。

学校から学割の申し込み用紙に印を押してもらい母と一緒に窓口に行った。

たしか半年分の定期券だったか…?

決して安くはない電車の定期券。

初めて手にした定期券。

なんだか少し大人になったようで嬉しくなったのを今でも覚えている。

タータンチェックのパスケースを買ってもらい大事にしまった定期券。


改札を通る時にチラッと見せるだけで電車に乗ることができるなんて!

なんだか魔法のように感じた純粋で若かりし頃の私。

通学時には無くさないようにバッグにしまった定期券。

そんな定期券も卒業と同時に使うことはなくなってしまった。


今住んでいるところでは車なしの生活は、まず考えられない。

もう定期券なんて手にすることは二度とないだろう。



「定期券」

なんだか思い出しただけで胸がキュッと締め付けられるような懐かしさを覚えた。




(*゚◇゚)<たまには電車に乗ってみたら?      ひと駅くらい?>(//∇//)





 

web拍手 by FC2
0

「つ」


今日はネタが思いつかない。

1時間ばかし考えたけど何も浮かばない。


まぁ、こんな日もありましょうや。

無理して書いてもくだらない記事になってしまう。(そうじゃなくても面白くないのに…)



困った挙句、久しぶりにやってみるか!

アレを…



という事で久し振りの「ネタ無し五十音」


今回は「つ」

つ…





ツメ。

私は爪が短くて小さい。

指も短いから子供のような手だ。

手タレの美しい手に憧れる…

せめてツメだけは普通に綺麗な大人のツメに生まれたかった。


ツメで思い出したことがある。

かなり前のはなし。


衣料品も売っている2階建てのスーパーに買い物に行った時のこと。

何を買ったのか忘れたが衣料品売り場がある2階で品物を選びレジへと向かった。


30代に見える女性ふたりがレジで雑談していた。

商品を持って支払いをする時、レジの人のあることに気づいた。

水色のマニキュアが塗られていたのだ。

私にように丸くて短いツメ。

なのに10本の水色のツメだけが妙な存在感を醸し出していた。

その時、酷く不快感を感じたのを今でもはっきり覚えている。



レジの人が色つきのツメで仕事をしているのを初めて見た。

たしか…

レジの人は色つきのマニキュアは禁止のはず。


支払いを済ませレジから離れると、また雑談を再開する二人の女性。

なんだか気分が悪い。

「上の人呼んでくれる?」

言おうかと思ったけどアホ臭くなって帰った。



短くて丸い爪の人はマニキュアは似合わない。

それに食料品も扱っているスーパーなのに…




そのレジの人のせいかどうかは分からないが、そのスーパーは今はもうない。

かなり前のはなしだが今も水色のツメが脳裏に焼き付いている。

丸くて小さなツメに派手な色のマニキュア。

チンケで、みっともなかった…

今でも私の良い反面教師となっている。




(*゚◇゚)<透明か薄いピンクだね?       ベージュまでOK!>(*´∀`*)





 






web拍手 by FC2
0

「ち」


ネタがない…

1時間ばかし、ああでもない、こうでもない…

悩んだ挙句、半年以上前からストップしたままの「ネタ無し五十音」をネタにしてみる。



今回は「ち」






Chi


ち…

!?


宮崎といえば有名な郷土料理

キン南蛮

おそらく今では全国的にメジャーになったと思われるこの料理。


私は宮崎に越してくるまで知らなかったのだ。

知らなかった18年間、人生ソンしてたと言っても過言ではないくらい「チキン南蛮」は美味しい。



知らない人はいないとは思うけど、万が一知らない人のために―――


「チキン南蛮」とは鶏肉に衣を付け揚げたものに甘酢をくぐらせタルタルソースをかけたもの。

甘酢とタルタルソースの絶妙なハーモニーが鶏肉の美味さを更に引き立てて最高にうまい!


このチキン南蛮は、昭和30年代に生まれた。

延岡に今も営業している「直ちゃん」が発祥だと言われている。

なお、「直ちゃん」のチキン南蛮はタルタルソースがかかっていない、


昭和40年代に入ってタルタルソースをかけた今のスタイルになったのが「おぐら」


今でも「おぐら」に行くと必ず私は「チキン南蛮」をオーダーする。

でも、だいたいどのお店に行っても「チキン南蛮」はハズレがないような気がする。

あぁ、それは宮崎県内限定の発言ね!


県外に行って「チキン南蛮」をオーダーしたら、違うものが出てきたことがあった。

普通のトリの竜田揚げに甘酢あんみたいなのが、かかってて申し訳なさそうに薄っぺらいマヨソース…

「これチキン南蛮じゃない!」とブツブツ言いながら食べたことがある。


宮崎に来県の際は本場モンの「チキン南蛮」を是非食べていただきたい。

目からウロコかもよ?



(*゚◇゚)<たっぷりタルタルソース!    うぅ…お腹すいた…>゚(゚´Д`゚)゚





 

web拍手 by FC2
このカテゴリーに該当する記事はありません。