FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
4

ゆるキャン





今日は、お仕事がお休みだったので、アマゾンプライムで、アニメを見た。

以前、寝る前に、2、3話見たことはあるのだけれど、ちょっと本腰入れて見たくなったのだ。

で、何を見たのかというと―――



最近、オフシーズン(冬)のキャンプが妙に流行っているなと思った方も多いと思うけれど、

実は、このアニメが原因だったりする。

冬のキャンプの注意点や、簡単キャンプ飯の作り方もレクチャーしてくれて面白かった。

全12話、一気に見てしまったよ!(*´∀`*)

それくらいオモシロ楽しいアニメだった。



私も夏のキャンプは何度も行ったことがある。

義妹の子供が、高校を卒業するまでは、毎年、夏休みの最後の日曜日に、旦那の兄弟たち家族と、

大人数で、近場(車で20分くらい)のキャンプ場に1泊でキャンプに行っていた。


その時、私の兄の家族も1度、キャンプに誘ったことがある。

たしか、姪っ子が小学校高学年?だったか…

その頃は、まだ姪っ子も私のことが嫌いじゃなかったので、兄の家族も参加した。

川の近くなので、昼間は河川プールで水遊びして、夕方から炭をおこしてBBQ!

みんなで食べるBBQは、とても美味しかった。


だけど―――

夜になって義姉(兄の嫁)が

「地べたで寝るなんて嫌だ!」

と、みんなに言って帰ってしまった。( ゚д゚)ポカーン


アンタいったい何しに来たん?

散々、飲み食いしといて、ソレか~~~~い!

キャンプって言ったら、地べたにテント張って寝るんじゃ!ボケ!!


せっかく楽しんでいたのに、この一言でシラケてしまった。

地べたで寝るのが嫌だったら、最初から来なけりゃいいのに…


そんなことが、あって、兄家族を誘うのは、やめた。

そして子供たちが大きくなるにつれ、行かなくなってしまった…





私もだけれど、大多数の人が「キャンプは夏のもの!」と思っている。

けれど、このアニメは、その考えを覆すものだった。


あぁ、いいなぁ~

冬のキャンプも楽しそうだわぁ~

冬のキャンプの楽しみ方は、夏と違ったものがある。

このアニメを見て、私も冬のキャンプをしたくなった。

孫っち達が大きくなったら、冬のキャンプにチャレンジしてみるか!

いつか、きっと!(*´∀`*)






 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
0

新アニメ




NHKで放送していた「進撃の巨人 Season3 」が先週で終了した。

で、今週から新しく始まるのが

ツルネ -風舞高校弓道部-

京アニの作品なので、とても楽しみにしている。(*^_^*)



NHK総合テレビ

10月21日 (日)

24時10分より 放送開始!!



あと30分もしないうちに始まるよ!!




今日はネタがないので、こんな記事。m(_ _)m

明日、おもしろ楽しいことが、ありますように~ (*^人^*)





 
 

web拍手 by FC2
2

だいたい合ってる(*^_^*)




昨日、孫っち1号、初めて観に行った映画の感想をお風呂の中でママに話したらしい。


以下ネタバレを含むので、これから観に行こうかな?という方は読まないでね。(*^_^*)

でも、ネタバレでも、きっと分からないと思うので、読んでもいいかも?(//∇//)

では、始めます。(^o^)/






 は娘

 は私

(お風呂から出てからの娘と私の会話になっています)



ニャンコ先生が、木の実を食べて3匹になったって?

そうそう!

そして、ニャンコ先生が喋られんくなったって。

うん! ちゃんと覚えとるやん!!

で、3号が逃げ出して、夏目の知り合いの女の子が追いかけて見つけた?

おお!

1号と2号が合体したら喋られるようになって?

うん、うん!

最後、人間が妖し(あやかし)やった!

うん。だいたい合ってる。(*^_^*)

そして、悪い妖しをやっつけたって。

おぉ!ちゃんと理解できとるやん!!(*´∀`*)




妖怪のことを「あやかし」と、言えていたのには、正直驚きでした。

「夏目友人帳」のことをしっかり観て、理解できている証拠です。





観終わって、かなりの時間が経ってるのに、お風呂の中でママに説明できたってことは、

けっこう集中して観る事ができてたんだな。(*^_^*)


「夏目友人帳」は、子供から大人まで楽しめる作品だ。

私の中では、どちらかというと大人向けの作品ではないか?と思っている。

癒しの必要な大人は、たくさんいる。

「夏目友人帳」は、感動して涙する作品が多いのだ。

私も、過去の作品を見て、何度も泣いた経験がある。

観終わったあと、必ず優しい気持ちになれる作品なのだ。

なので、孫っち1号は、どんな感想を持っているのだろうか?と気になっていた。


観終わったあと

「どうやった?」 と、1号に尋ねた。

1号の答えは

「おもしろかった!!」(*´∀`*)

そう言いながら、満面の笑みを浮かべた。




良い映画は、たくさんある。

その映画も暫くするとDVDとして発売され、そしてレンタル開始となる。

そのDVDを観るのも良いけれど、時々こんなふうに映画館に行って映画を観るのも良い経験になると思う。


基本、映画を観るときは、ひとりで観に行く。

でも、昨日のように孫っちと楽しめる作品は、一緒に観に行きたいね。

ただし、観る作品の主導権は私だけれどね。(ゝω∂) テヘペロ


大人でもアニメは楽しいのです!(*´∀`*)







 

web拍手 by FC2
0

お礼参りの旅 ②


今回の熊本行きの一番の目的は、乙姫子安河原神社へ行き、

お礼参りと、石を返すこと。

でも、それだけじゃせっかく2~3時間もかけて熊本に行ったのがもったいないよね?

そこで、「ここに行きたいんだけど…」と、娘にお願いしたのが

上色見熊野座神社 (かみしきみ くまの います神社) 

ここは、アニメ映画「蛍火の杜へ」の舞台になった場所。

つまり聖地巡礼に行きたいとお願いしたのだ。(//∇//)


「蛍火の杜へ」 の作者は 「夏目友人帳」の作者、緑川ゆき先生!

そう言えば、去年「夏目友人帳」の聖地巡礼に人吉に行ったよね?

そう思って過去のブログを調べたら、なんと同じ日(3月20日)に行っていたじゃないか!

こんな偶然、自分でもビックリ!Σ(゚艸゚〃)



蛍火の杜へ2

さあ!着きましたよ!!上色見熊野座神社。

少し霧雨が降っていて、孫っち1号は傘をさしています。


平日だったので、私たちだけかと思ったけれど、他にも見学者が!

「蛍火の杜へ」映画の公開は2011年。

公開から7年経っているのだけれど、作品の人気は、未だ衰えていないのですね…

少し嬉しく思いました。





蛍火の杜へ3

お兄ちゃん! お手て繋いであげてね。(*^_^*)



蛍火の杜へ5

階段は、途中で数えるのを止めてしまったんだけど、300段以上あったような…

写真を撮るのに夢中になってて分からなくなりました…(´;ω;`)

上る途中で、雨もやんでくれました。ε-(´∀`*)ホッ

ふたりで頑張って歩いている後ろ姿。ヾ(*´∀`*)キャワワ




蛍火の杜へ4

階段の両脇には、神殿まで続く、たくさんの石灯篭が。

まるでアニメの中に入り込んだような幻想的な世界が広がっています。






蛍火の杜へ

当時の映画ポスター及びパンフレットの画像。

ファンタジーアニメの切なくも儚い恋物語。

熊本1

鳥居に張られた結界の綱は無かったけれど、ポスターの画像は、きっとここ。

熊本2

画像に手を加えてみた。

クオリティが… _| ̄|○





行きは良い良い帰りは怖い…

階段の上りは、けっこうキツかったけれど、まぁまだ余力は残ってて大丈夫。

そう思っていたけれど…

帰りの階段の下りでは―――

膝がカクカク…

膝が笑うっていうの?

ちょっ、マジか…



次の日、筋肉痛になったのは、ここだけの秘密で… シーッ! d( ゚ε゚;)





あすの記事は、熊本の温泉!(*´∀`*) オタノシミニ~





 

web拍手 by FC2
2

アニオタ1号



今日も孫ネタ。m(_ _)m



孫っち1号は、アニオタだ。

まぁ、ドラえもんや、妖怪ウォッチなどの子供らしいアニメも好きなのだけれど…


私がPCでアニメを見ていると

「ばーびー? それなん?」

と、擦り寄ってきて一緒に見ようとする。


「進撃の巨人」 「ノラガミ」 「夏目友人帳」 などは、孫っち1号と一緒に見た。(*^_^*)

オープニングの音楽が流れ出すと、聞きつけて

「1号も見る!!」 

と、私の膝の上に座ろうとする。

自分の好きなものを共有できるのは嬉しい。(*´∀`*)


私の旦那もアニメを見るのは嫌いじゃない。

「進撃の巨人」(再放送)は、自分の部屋で、毎週見ているようだ。

もちろん、孫っち1号も一緒に見る。(何度でも見たいようだ)


「ここから、おもしろくなるとこやが!」

「これ、ホントは、ちがうっちゃが!!」


まだ、見たことがない旦那に、説明している声が聞こえてきた。

あらら…

ネタバレは、いけませんぜ!!(*´∀`*)


そんなこんなで、今週の「進撃の巨人」は終わり。

そそくさと、旦那の部屋から退却する1号。

また、来週も一緒に見なさいね。

でも、ネタバレは、ほどほどにね!(*^_^*)




 

web拍手 by FC2
このカテゴリーに該当する記事はありません。