FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

ノーサイド





ラグビーW杯が終わった。

日本チームは、決勝トーナメント進出という過去最高の成績を残し、

日本中のファンを感動させた。



今日行われた決勝、南アフリカ VS イングランド

32―12 で、南アフリカが勝利した。

今大会、日本が唯一負けたチームだったので、私も応援していて嬉しかったのだけれど…

最後の表彰式の様子で、何とも言えない気持ちになった。


ネットのニュースでは

試合後に行われた表彰式で

プレゼンターがメダルを首にかけようとするのを拒否したり、

多くの選手が首にかけた直後に外すなどの行為があった。


と、報じられた。


優勝を逃し、悔しい気持ちは分かるのだけれど、ラグビーは紳士のスポーツだと聞いている。

試合が終われば、ノーサイドの精神で、両者をたたえ合う。

ラグビー発祥の地、イングランドは、紳士の国ではなかったのか?

多くの感動を生み、素晴らしい大会だっただけに最後が残念だ。



今大会では、ラグビーファンが増えたことだろう。

子供たちの中には、これからラグビーを始めようとしている子もたくさんいるだろう。

数多くの試合を経験し、ノーサイドの精神を忘れずにいてほしい。


試合が終われば敵も味方も関係なし!

ノーサイド。

この精神は、ラグビーの試合だけではなく、すべてのことに繋がるといいのだけれど…






web拍手 by FC2
スポンサーサイト



2

お疲れ様でした!






いい夢、見させていただきました。(*^_^*)




孫っちの運動家が終わり、帰宅したあと、1時間ほど、お昼寝。

夜に始まる、ラグビーの試合に備えて、万全の準備を整えた。


3-5で前半を終了したとき、誰もがこう思ったはず

日本 強いぞ!

もしかして もしかするかも!!



後半、南アフリカは、やっぱり強かった。

まさに完敗。

ひとつ悔しかったのは、あれだけのチャンスの場面があったのに、トライを奪えなかったこと。


でも、でも、感動の試合だった。

桜の戦士たち、感動をありがとう!

目標のベスト8の願いが叶ったけど、次の大会は、もう一つ高みを目指して頑張って欲しい。


今大会で、にわかファンから、本物のファンに変わった人たちも多くいたはず。

この大会を見て、ラグビーを始めたいと思った子供たちもいたはず。

裾野が広がり、世界を目指す子供たちが植えることを願おう。


桜の戦士たちは、まだまだ強くなる!

次の大会が楽しみだ。( ̄0 ̄)/ オォー!!










web拍手 by FC2
0

明日は待ちに待った







明日は、孫っち1号と3号の小学校の運動会。

今年のお弁当は、おかずを息子の嫁が。

ご飯もの、サンドイッチ等は娘が担当することになった。

ひとりでお弁当を作るより、娘、息子宅で合同で作るほうが楽だ。

来年は担当を交代し作ることになっている。

天気も良さそうだし、私も応援、頑張らければ。(*´∀`*)



運動会が終わると、夜は、ラグビーの試合が待っている。

1週間待ち遠しかったよ~~~!

運動会で、孫っちたちを応援したあとは、桜の戦士たちを応援だ!



桜の戦士たち

知っている人は、すでに知っているけれど、私は、この話をつい最近聞いた。

ユニホームの胸に咲いている桜のエンブレム。

かつてユニホームのエンブレムは「つぼみ」だった。

さくらエンブレム

1930年、ユニホームに付けられた 「つぼみ 半開き 満開」 3種の桜の花。

「いつか、ラグビーの母国イングランドと戦えるようになったら、全て満開にしよう」

と、3種の桜に込められた思い。




さくらエンブレム2

桜が満開になったのは1952年。

日本ラグビー協会がテストマッチ(国際試合)に認定した英オックスフォード大との対戦だった。

あれから60余年。

桜の戦士たちは、決勝トーナメントに進出できるほどに強くなった。


日本を象徴する花、桜。

明日、胸のエンブレムに負けないくらい、満開に咲き誇った戦士たちの笑顔が見たい。

頑張ろう!日本!!

頑張れ!桜の戦士たち!!








 

web拍手 by FC2
4

展開 はやっ!





昨日の今日だけれど―――


IOC会長、マラソンの札幌開催「決めた」

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は17日、

ドーハで東京五輪のマラソンと競歩の会場について

「IOC理事会と大会組織委員会は札幌市に移すことに決めた」と、

二者間では合意に達したとの認識を示した。 



札幌に決定したようだ。

展開はやっ!!Σ(゚艸゚〃)


選手の事を考えると、酷暑の中での競技は、とても危険なので、少しでも気温の低い札幌で、

開催するのは、とても良いことだと思う。

いきなりの展開で、準備をしていた日本の選手たちも、戸惑いを隠せないようだけれど…

開催国である以上、各国の選手たちにとって良い条件で競技してもらいたい。

これも「おもてなし」の一種ではないかと…?




昨日も書いたけど、どうして時期をずらさなくて8月にオリンピックを開催するのか?

これって、どうもお金の関係にあるらしい。

8月開催の最大の理由はアメリカのテレビ局が儲かるようにしているらしい。


アメリカでは視聴率が上がるほどスポンサーから高いCM量を貰えるシステムになっている。

NBL、NBAが秋からシーズンを迎えるので、オリンピックと放映が重なると、視聴率の関係で、

スポンサーからのCM料が下がってしまう…

それらの理由から、オリンピックが8月に開催される理由だそうで…(´・ω・`)




札幌開催に賛否両論あるけれど、観客の事を考えるより競技をする選手たちの体調の事を考えると、

やっぱり少しでも気温の低い札幌で行う方が良いと思う。

小池都知事は「北方領土で開催すれば?」なんて、アホみたいなこと言ってるけれど、

IOCや、アメリカの言いなりになっているのが一番ダメだと思うのは私だけか?

なんとかしてでも、10月に開催できるように動けなかったのか…




これ、関係ないかもしれないけれど、日本でのマラソンや駅伝のシーズンは冬だよね?

マラソンや競歩は冬季オリンピックでやったらいいのに…


ありゃ!? フザケ過ぎましたね。m(_ _)m ゴメンンサイ







 

web拍手 by FC2
2

これ大賛成!






東京五輪のマラソン、札幌で開催か 
IOCが猛暑を懸念


2020年東京五輪の男女マラソンと競歩について、

国際オリンピック委員会(IOC)は16日、猛暑対策で、コースを東京から札幌に移すよう、

大会組織委員会や東京都などに提案すると発表した。




私、これ大賛成!!(*´∀`*)

少し前、開催されていたドーハでの世界陸上。

マラソンと競歩の選手が熱中症、脱水症状でバタバタ倒れていたのを見た。

夜中のレースだったけど、気温30度、湿度70%を越えるような猛暑の中、

競技を行うなんて狂気の沙汰だと思った。

過酷な状況の中、選手を走らせたくない!と決断したコーチや、監督もいたようだ。


国際オリンピック委員会も、あの状態を見て、怖くなったのかもしれないね。

来年のことは分からないけれど、来年の夏が涼しくなるとは到底思えないからね。

なんだったら、トライアスロンや、サーフィン、ヨットなど、海を使う競技も他の地で開催するのがいいかも。

選手ファーストで考えたら、東京の海は… 






本当は、五輪開催時期をずらし、秋に行えば済むことなんだけど…(´・ω・`)








web拍手 by FC2
このカテゴリーに該当する記事はありません。