FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

夏空なのです!

久し振りに昼寝したった!

「おお振り」の夢小説は右上の入口から!
内村クンの夢小説は左下カテゴリの一番下をクリック!右上の入口からまとめて読めるよ!


私の休みはシフト制で不定休。
今日はお休みでゆうべ2時に寝たのに今朝は8時には朝食とってPCで作業始めました!
1話分が、どうもうまく書けない…
気になって、気になって眠ってられない!
集中して書こうと思うんだけど気分が乗らない…
おまけに何度も雨が降っちゃ止み、降っちゃ止みの繰り返し。
そのたびに窓を開けたり閉めたり…
集中しようにもできるわけがない!!
見て!
DSC03605.jpg
この青空なのに雨が降るんだよ!
この時は、集中できなくて窓の外眺めたら夏の雲ってカンジだったから撮ってみました!
こちらは太平洋側の空。
歩いて15分程で海に行けます。
2階のこの部屋で毎日、ネット、原稿書いてます! 

で、ベランダから外でたら西側の空も夏らしい雲が見えたのでついでに撮ってみました!
DSC03606.jpg
この後もやっぱり雨が何度も降ったりやんだり…
何なんでしょうね…?

頭をからっぽにするために30分程、昼寝してみました。
キモチイイ!!
至福の時間ってカンジ!!
さあ、もう少し頑張るぞ!! 


(*゚◇゚)<夏バテしないようにね!   アリがト!>(^◇^*)

web拍手 by FC2
スポンサーサイト



0

U どりーむ 21

 28 ホントの気持ち 


 失敗した…

 買い物するからって出て来たけれど財布の中は小銭しか入ってない。

 内村さんはまだ部屋にいるのだろうか…?

 メールしてみようとポケットを探って携帯を忘れて来た事に気付いた。

 ダメな時は何をやってもダメなんだな…

 悲しくなった。

 もう部屋に戻るしかない…


 部屋のドアを開けると、まだ内村さんの靴があった。

「おかえり!」

 意外にも明るい内村さんの声に少し驚いた。

 ひとり部屋に残し、きっと機嫌悪くしてるって思っていたから…

「あれ?手ぶら?買い物は?」

「お金―――小銭しか入ってなくて…」

「あわてん坊だな!携帯も忘れてっただろ!?」

「うん…」

 うつむいたまま頷いた。

「おいで!ここ座って!」

 内村さんは自分の座るすぐ横の床をトントン叩きながら笑った。

 まるで叱られた子供のように言われるまま座る。

「今日は★の気持ち、聞くまで帰らない!」

 駄々をこねるようにイタズラっぽく笑う。

 その余裕の顔はどこから来るの?

 まるで私のホントの気持ちを知っているかのように―――

 でも…それでもやっぱり、本当の気持ちは言えない…

 それがお互いの幸せになるはずだから―――


「私―――内村さんの気持ち、凄く嬉しいです…でも気持ちに応えることはできません…」

「どうして!?」

「――――――内村さんと私は、お客様と店員…アスリートと、そのファン以上の関係にはなれないから―――」

「ウソだ!!そんなのウソだ!!なんで本当の気持ち言わないんだ!?」

 内村さんの言葉が胸に刺さる。

 口が裂けても本当の気持ちは言わない…隠し通すと決めていたのに気持ちが揺れ動く。

「私は…内村さんに似合わない―――私じゃ内村さんと釣り合わない…」

 辛い…悲しい…苦しい―――

 泣かない、内村さんの前で涙は見せまいって決めてたのに勝手に涙が溢れてくる。

「なに言ってんの!?似合わないって、そんなの誰が決めるんだ!?そんなの勝手に決められても困る!!そこ

にオレの意思はあるのか!?オレのこの気持ちを無視するって言うのか!?」

 内村さんの意思…?

 内村さんの気持ちを無視するって…?


 喉の奥が、鼻の奥がツンとイタイ。

 苦しくて、苦しくて息が詰まりそうになる。

 欲しくて、欲しくてたまらない人…

 でも――――――

「私が側にいると――きっと邪魔 に…な る… 私 じゃ ダ  メな の…」

 言わないって決めたの―――



解説 あとがき
コレを書く前に美珠葵氏に「1度は断るんだよ!」って言ったら「アンタそういうの好きやね!」と言われた。
好きと言うか―――
例えば告白で「好きだ!」 「私も前から好きだったの!」じゃ、話として面白くないでしょ?
ホントのこと言えば、もうひと山もふた山もあって、やっとハッピーエンドって方が盛り上がって面白いと思うんだけど、時間も、それを書く腕も持ち合わせておりません…
ホント、どこかに文才、売ってないですかね?

予告
明日は甘いです!フフフ…

   (この物語の成分は主の妄想100%で出来ています!)

web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。