FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

もう やらない…

十人十色

  (夢小説は右の入口からどうぞ!)

人の感覚は10人いたら10通りあるのではないだろうか?

 この色、何色に見える?

こう問われたら、あなたは何色と答えますか?

あか? あかねいろ? べにいろ? べにあか? さんごいろ? ぼたんいろ?

それとも、ばらいろ? えんじいろ? こうばいいろ? つつじいろ? 

調べてみたら、色の種類とその名前は山のようにあった。

もし私が聞かれたら、おそらくこう言うだろう―――

「濃いピンク!」

上のように、色々な色の呼び方をあげてみたが、きっとどれも正解なんだ。

人の感じ方は100人いたら100通りあっても、ちっともおかしくないのだ。

それは味覚においてもそう――――――


昨日書いた、お取り寄せした大福が到着したので、注文票と照らし合わせながら袋詰めして職場に持って行った。

冷凍されているので、1秒でも早く作業を終えようと汗だくになりながら…

この日、私は休みだったので「暖かい飲み物を飲みながら、ニンマリしていただけたら嬉しいです。」とメッセージカードを残してロッカールームを出た。

店ともトラブったし、集計や集金も大変だったから、注文してくれた人たちが「美味しかったよ!」と言ってくれることだけで報われるような気がした。

翌日、出勤した朝―――

「さっそく抹茶大福を解凍して食べたよ!抹茶、抹茶してて―――コンビニの方が好きやね…」

抹茶の濃い感じが嫌味だったらしい。

コンビニでお手軽に買える抹茶大福の方が美味しいと…

「そうやっちゃ…」

私は、そう答える事しか出来なかった。

お昼の休憩時間に他部署の人とすれ違った。

「美味しかった~!!」

その人は、ホントにイイ笑顔で私を見てニッコリと笑った。

ただそれだけで―――

ホントに、その笑顔とその一言で救われたような気がした。

仕事帰り、他に注文してくれた数人に出会った。

「大変やったろ?美味しかったよ。」

「ありがとう!また頼むからね。」

「お疲れやったね。」

感謝とねぎらいの言葉…

嬉しかった。




でも…               もう やらない。



(*゚◇゚)<お疲れ様!    精神的に疲れた…>( ´Д`)=3


ブログランキング参加中☆
 ↓ポチッとよろしく↓



 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。