FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

懐かしい顔


先日、母方の伯父の告別式があった。

伯父が亡くなったのは悲しいのだが、久し振りに会う親戚の顔を見るのはちょっと気恥ずかしくて嬉しい。

「ご無沙汰してます…」

少しの笑顔で頭を下げる。

「ホント、久し振りやねぇ…元気やった?」

お互いの健康を喜び合う。

子どもの頃は長い夏休みに母に連れられて親戚やイトコ達の家に泊まりがけで遊びに行く事があった。

その反対に我が家に遊びに来てくれる事もあった。

時は過ぎ、母も亡くなり自分も成長し社会人となった今―――

いつの間にか県外にいるイトコや親戚と会えるのは結婚式や葬式しかなくなってしまった。

近況を知らせ合うのは年賀状くらい…

年賀状さえも出さなくなった人もいる。

遠いところにいるイトコ、親戚と会えて話せたことは嬉しかったのだが、やっぱり悲しい席で会いたくはない。

とは言ってもこれから先、年を積み重ねていれば悲しいことで会う事の方が多くなっていくのだろう。

次に会う時は何十年も先であって欲しいと願わずにいられない。

「久しぶりやねぇ…すっかりバァちゃんになってしもうてから…」

「それは、お互いさまやろ?」

こんな挨拶を語れるように…



(*゚◇゚)< ご冥福を お祈りします >(-o-)


ブログランキング参加中☆
 ↓ポチッとよろしく↓



 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。