FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
2

ピーマン


野菜が高い。

キャベツが半玉で150円。

野菜が高い!!



そんな中、同僚が実家に帰ってミカンとピーマンとナスを貰ってきたそうだ。

大量に貰ったというので、おすそ分けしてもらった。

野菜が高い中、ミカンもピーマンもナスもとっても有難い。



ピーマンを貰うとき同僚にこんな話をした。

実は私は中学2年生までピーマンが大嫌いだった事を。


中2の調理実習の時間。

あれは―――

たしかハンバーグを作った時のこと。

何に使ったのが余ったのか分からないがピーマンが3~4個使われずに残っていた。

同じ班の子が「これどうする?」という問いに、手の空いてた私が「テキトーに切って炒めるワ。」とピーマンを引き取った。

『テキトーに切って塩コショウして炒めたら誰かが食べるっしょ?』

そんなテキトーな考えでピーマンを薄く輪切りにして炒めた。

軽く塩コショウ。

ホントにテキトーな味付け。


ハンバーグが出来上がり、みんなで試食。

私の作ったピーマンの塩コショウ炒めもテーブルの上にあった。



「わぁ、美味しい!このピーマン炒め、誰が作ったの?」

同じ班の学年で5本の指に入る「モテ女子」がそう言った。

えっ?

おいしい?

テキトーに作ったソレ、おいしいのか?


「あっ… ソレ、私が作った…」

遠慮がちに言った私に彼女は「ホント、美味しいよ。」と言って笑った。


彼女が言うからには間違いはない。

私は暗示にかけられたように自分の作ったピーマン炒めを一口食べた。


なんだろう?

あんなにキライだったピーマンが不思議と美味しく感じた。



それ以来私はピーマンが大好きになった。

美味しいと褒めてくれた彼女が「モテ女子」だったから?

普通の十人並みの子だったらキライなままだった?


それがどうなのかは分からない。

でもピーマンが食べられるようになったのは間違いなく「モテ女子」の彼女のおかげなのだ。



おすそ分けしてもらったミカンとピーマンを袋に入れながら同僚に、そんな話をした。

同僚は笑顔で話を聞いてくれた。

うん。

ありがとう。(*´∀`*)



おすそ分けしてもらったピーマンでチンジャオロースを作った。

大好きなチンジャオロースを食べられるのも彼女のおかげ。

彼女、今頃どうしてるかなぁ…





(*゚◇゚)<いい思い出!      懐かしいなぁ~>(^-^)




 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。