FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

牧水


昨日、行った「牧水公園」ネタを今日も少しだけ。


もみじの写真を撮ったあと、しばらく歩いていくと遊歩道沿いに歌碑が点在していることに気がついた。

もちろん若山牧水の作った歌だ。

ここに来たという証に二つほど撮ってみた。

牧水

石こゆる 水のまろみを 眺めつつ こころかなしも 秋の渓狭間に


牧水2

ふるさとは 山のおくなる 山なりき うら若き母の 乳にすがりき


若山牧水は地元の有名な歌人であるのに私は、この人のことをよく知らない。

牧水の代表作ってなんだろう?

調べてみた。


幾山河 越えさり行かば 寂しさの 終てなむ国ぞ 今日も旅ゆく

白鳥は 悲しからずや 海の青 空の青にもそまず じっと漂う



旅と酒をこよなく愛したという牧水。

本名は「若山 繁(しげる)」

牧水が18歳の時、号を決める際、当時、最も愛していた二つのものをつなぎ合わせて決めたという。

「牧」は、まき。 牧水の母の名前だ。

「水」は牧水の生家周辺の渓や雨やから来たものだと。


たしかに、牧水の生家は山奥の川のそば。

自然が豊かで安らぐ場所だった。

帰りに川原まで下りてみたら一瞬カワセミが飛んでいく姿を見た。

しばらく川原の石に座り、川の流れる音を聞いていた。

川の音に混じって鳥の鳴き声が聞こえる。


マイナスイオンをたっぷり浴びて帰路に着いた。




(*゚◇゚)<リフレッシュ!    またカワセミに逢いたいな…>(*^_^*)




 


web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。