FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
2

いのち


もうずいぶん前に、このブログに書いたことのある元上司が戻ってきた。

私の心の中での、最低のクズ上司。

彼とは、ケンカして仕事以外の事は口をきかなくなって、移動という形で別れたのだ。

それが約2週間ほど前、我部に戻ってきた。

戻ってきたのは上司としてではなく同僚として…


異動になったあと結婚して離婚したことは風の便りで聞いていた。

が―――

肺がんで入院していたとは知らなかった。

彼はタバコを吸わない人。

それなのに肺がん…


退院し自宅療養を終え、リハビリとして復帰を希望した先が我部だった。

我部は自称リハビリ部。

なので、なんとなく我部に来たのは納得した。


喧嘩別れした元上司と上手くやっていけるのか…

少しばかりナーバスに…

リーダーのMさんが「言いたいことがあるときは私に言いなさい。」と言ってくれたので、少し心が楽になった。


2週間が過ぎ、私もみんなも、彼とはうまくやっている。

みんな彼に気を使ってるのが分かる。

今朝のニュースで報じられていた小林麻央さんの乳がんのニュース。

いつもなら、ホッと一息ついた時のおしゃべりで話題に挙がる話なのに誰も口にしなかった。


がんの種類は早期がん、進行がん、末期がんに大別されるそうだ。

小林麻央さんのがんは、進行がん。

彼の肺がんが、何だったのか聞かされていない。



入院中、彼も病院のベッドで、命について悩み、考えたのだろう。

『もしかして…』

そんな死の恐怖にも襲われたのかもしれない。


彼が、仲の良かった同僚に冗談交じりで

「まだまだ死なんよ~!俺は、まだまだ生きるからね!!」

と、笑いながら言っていたのにはドキッとした。

冗談交じりだったとしても、それが彼の本音、そして願いなのだ。

その言葉を受けて同僚は

「当たり前よ~!!まだまだ生きんといかんわ!!」

そう返していた。



生きたいと願う人。

まだまだ生きて欲しいと思う人。

みんなの願いが叶いますように…



小林麻央さんが、乳がんを克服し、一日も早く元気になりますことをお祈りいたします。



 
 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。