FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

七夕


明日は7月7日。

言わずと知れた「七夕」だ。


ここでひとつ疑問が。

「七夕」と書いて、ナゼ「たなばた」と読むのか?

疑問に思ったら、すぐ調べるのが私の良いところ。(//∇//)

早速ググってみた。

もともとは七夕と書いて「しちせき」と読んでいました。七夕を「たなばた」と読むようになったのは、日本古来の「棚機つ女」の伝説に由来します。

「棚機つ女」とは、神様を迎えるために水辺に設けた機屋に入り、棚機(たなばた)と呼ばれる機織り機で神様に捧げる神御衣(かみこ)を織りあげる女性の話です。

そして、中国の織姫と日本の棚機つ女が結びつき、七夕と書いて「たなばた」と読むようになったのです。



織姫は機織りの名手。

だから「七夕」と書いて「たなばた」と、なったんだね。(*^_^*)



た~なばた~ さ~らさら~♪

子供ころに、歌った 「たなばたさま」

ささの葉 さらさら のきばに ゆれる

お星さま きらきら きん ぎん 砂子

五しきの たんざく わたしが かいた

お星さま きらきら 空から 見てる




ん?

のきば?

軒端 ⇒ 軒のはしっこ

うんうん。σ(-ω-*)フム ナットク


じゃ、すなご は?

砂子 ⇒ 金や銀を細かい粉にしたもの

あぁ…夜空に光る天の川に、見立ててるのね。σ(-ω-*)フム ナットク


この歌詞の中に出てくる「五色の短冊」

私が子供の頃、作った七夕飾りの短冊は―――

赤、黄、青、ピンクに、水色、緑にオレンジ…

あれ?

5色超えちゃった。

で、結局、5色って正式には、なにいろ?

中国伝来の陰陽五行説に基づく「青・赤・黄・白・黒」の五色

青 (木)  赤 (火)  黄 (土)  白 (金)  黒 (水)

ってことだね。

でも最近は黒の代わりに紫が使われることが多くなったそうだよ。


さて…

今年の短冊には、なんの願いごと、書こうかな?




(*゚◇゚)<天気が良いといいね!     天の川、見たいな!>(*´∀`*)



 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。