FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
6

丹毒?


顔の腫れはいまだ引かず目がしっかりと見開けない状態ではあるけれど、ちょっと今回の病気のことを書いておこうかな。


最初、病院に行く前にググってみた。

これ…!?

今出ている症状にピッタリの記事を見つけた。

丹毒 (たんどく)

みなさんこの病名を目に、耳にしたことがありますか?


初めて目にしたこの病名に「なにこれ…?」

今まで生きてきて初めて知った「丹毒」という病気。

実は今、仕事をお休みさせてもらっているのだけれど病名を告げる際、「丹毒?」と首を傾げられる状態だった。

多分、あまり知られてはいない病名なのだろう。

ということで、知らないなぁ…という人のために今回「丹毒」について書いてみようと思う。



真皮に起こる化膿性の炎症

家族に高齢者がいる方、気をつけてください!

抵抗力が衰えると発症しやすくなる疾患なので患者さんには高齢者が多いのだそうです。

私は高齢者ではないのですが、ストレスや睡眠不足などで抵抗力が弱まっていたのかもしれません。

症状が出てすぐに適切な処置が行われないと重大な合併症を引き起こすことがあるそうです。

そんな時のために頭の隅に「丹毒」入れておくと良いかもしれませんね。



主な原因は連鎖球菌の感染

健康な体の人にも必ず常在菌というものがいます。

連鎖球菌も常在菌のひとつです。

健康な状態であれば、なんら問題ない連鎖球菌も免疫力や抵抗力の低下で様々な病気を発症させます。

今回、私は、この連鎖球菌が原因で「丹毒」を発症してしまったわけです。



事の発端は―――

夕食前に軽く横になりました。

どれくらい眠ったのか…

目が覚めたあと、すごく気分が悪いというか肩こりのような頭痛のような…?

それから直ぐに、ものすごい寒気に襲われました。

真夏にも関わらず毛布にくるまっても寒気は消えず震えるばかり。

それから間もなく発熱が始ります。

最高39.2度の高熱です。

その後、38度台の熱が24時間経過したあと顔に腫れを感じました。

私の場合、右側から赤く高熱を持ってパンパンに腫れ、左へと移行していくようなかたちでした。

恥ずかしながら、ここで初めて病院へと駆け込んだ次第です。(ここから先は7月27日の記事となります)


◆突然の高熱・悪寒
◆全身倦怠感
◆鮮やかな赤い腫れが発症



以上のような症状が出たら「丹毒」を疑ってください。

早めに病院に行って処置をすれば1週間程度で症状が改善するそうです。

丹毒について、もっと詳しく知りたい方は ⇒ コチラ


https://medicil.jp/5154 より


今日は、ちょっとマジメ (//∇//)




 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。