FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
2

19年ぶり


横綱昇進 おめでとうございます!


今日、19年ぶりに日本人の横綱、稀勢の里が誕生した。

相撲は日本の国技。

今回の稀勢の里の横綱昇進は、とても喜ばしいことだ。


相撲中継は、あまり見ないので詳しくはない。

でも若貴時代のことは、知っている。

あの頃は、大相撲が大人気の時代だったからね。

今回、横綱になった稀勢の里は、そのお兄ちゃんの若乃花以来の日本人横綱になるそうだ。


今日、横綱の伝達式があったそうだけど…

この伝達式の口上といえば、これまで四字熟語が使われることが多かったみたいだね。

さっき書いた、若貴なんかは「不惜身命」とか「堅忍不抜」とかワケわかんない聞いたこともない熟語を使っていた。

今回の稀勢の里は、どうだったんだろ?


「謹んでお受け致します。横綱の名に恥じぬよう、精進致します。」

なんてシンプルで、伝わりやすい言葉!(*´∀`*)

シンプルイズベスト!


稀勢の里は大関昇進の時も

「大関の名を汚さぬよう精進します。」

こんなふうにシンプルな言葉を使っていたそうだ。


先代師匠の元鳴戸親方も、同じようなシンプルな言葉で口上を述べたのに習ってのことだそうだ。

先代師匠の元鳴戸親方への尊敬と、感謝の気持ちの表れなんだろうね。


四字熟語はカッコよく聞こえるかもしれない。

でも聞いている人に、意味が伝わらなければ言葉は響かない。

辞書で調べて初めて意味がわかるような言葉では感動が薄れてしまう気がする。


「全身全霊」 「一生懸命」

そんな四字熟語ならよ~~~くわかるんだけどね。(//∇//)





(*゚◇゚)<オレは一球入魂!    わかる!>(´∀`*)




 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。