FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
4

命日



今日は母の命日だった。

今日は家族の仕事の都合で、夕方にお墓参りに行くことになった。

冬とは言え日が落ちるのが少しずつ長くなった。

夕方5時でも十分明るい。

それでも、あまり遅い時間にお墓参りに行くものではないので、急いで済ませることにした。

お菓子をお供えして、お水を替えて、線香をあげて…

今年はお花を買う時間がなくてゴメンネ…

お墓参りは月に1度は行くようにしている。

お花は次に持ってくるね。


母は突然死だった。

家人が留守にしている間、誰にも看取られることもなく、ひとりであの世に旅立った。

第一発見者は私。

母は、もう息を引き取ってから、かなりの時間を経過していたようで、すでに冷たくなっていた。

頭が真っ白で、どうしていいのかわからない。

取り敢えず救急車に連絡。

電話の向こうで「どうしましたか!?」と叫んでいる声が聞こえる。

母が死んでいる…

認めたくなかった。

言葉に出して言うことができない。

言葉にすると、なにもかもが終わってしまうような気がした。

「母が冷たくなっていて…」

多分そう言ったような気がする。


救急車が来た。

誰も最後を見た人がいないということで警察の方も来た。

あとは覚えていない。

事件性はないということで病死と結論が出た。

医師が死因を調べますか?と聞いてきた。

遺体を切り刻んでまで死因なんて調べる必要はない。

死因が分かったところで母は生き返りはしないから。


「逝く時はポックリ逝きたいねぇ。」

誰にも迷惑かけたくないからと、そう母は言っていた。


ポックリ逝きすぎだよ~

あんまりじゃないか。

家族には迷惑かけていいんだよ。

てか、かけてほしかったよ。

どんな形であれ生きてて欲しかったよ…


苦しくなかった?

痛くはなかった?

傍にいてあげられなくてゴメンネ…


言いたいこと、聞きたいこと、たくさんあるけれど…

毎年、この日には思い出すことがたくさんあって…


梅の花が咲いてるよ。

かあさん…








もう書かない。

母の死については、もう書かない。

家族の記憶に残して欲しいから…

これが最初で最後。

これは私の心の中の記録。








web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。