FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

コーヒーカップ


ちょっと前、TVを見ていて「へぇ~!」と思ったことがあった。

それはソーサーとコーヒーカップの向き。


十代の頃、喫茶店で1年ほどバイトをしたことがある。

その時、一番最初に教えられたのは、カップとスプーンのセットの仕方。

オーダーが入るとカップにコーヒーが注がれるまで、ソーサーとスプーンをセットして待つ。

スプーンの柄が右側になるように、ソーサーにセットするのだ。

コーヒーがカップに注がれるとカップの持ち手を左に向くように置き、お客さんの所へ運ぶ・。

つまり―――

コーヒーカップ

こんな感じ。



で、TVを見ていたとき、「へぇ~!」となったのは、TVに出ていた人が

お店によって、カップの持ち手が、右向きだったり左向きだったりするのはナゼなんだろう?

そんな素朴な疑問からだった。

そんな疑問に、そのお店の人が答えたのは…


イギリス式とアメリカ式の違いなのだそうだ。


アメリカ式は合理的で、運ばれてきたら、すぐ飲めるよう持ち手が右に。

コーヒーカップ2

こんな感じ。



イギリスは紅茶の文化。

ミルクや砂糖を入れスプーンでかき混ぜるとき、カップを支えるために持ち手が左になるようにと。

その名残かどうかは分からないのだけれど、持ち手を左にセットする様式をイギリス式と言うのだそうだ。



この記事を書くのに自分でイラストを描こうと「お絵描きエディター」を使ってみたのだけれど…

やっぱりマウスで描くのは難しい…_| ̄|○

で、画像を借りてこようと探すのだけれど、9割以上がアメリカ式の画像ばかり。

なぜかというと、カップに描かれた模様が見えるようにセットすると、アメリカ式になってしまうからなのだろう。

綺麗に見える方を向けると自然とアメリカ式になっちゃうんだね。

これは、圧倒的に右利きの人が多いってことからなのだ。



喫茶店で運ばれてくるコーヒーは、どういうわけかイギリス式が多いのだそうで…

みなさんの行かれるお店は、アメリカ式?それともイギリス式?

まぁ、どちらでも美味しいコーヒーならOKってことで。(*´∀`*)

( 画像は、2枚ともお借りしたものです )




 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。