FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
2

かあちゃん



今日、スーパーで買い物をしているとき―――

私の背後から

「ママ!ほら!新しく出たチョコ!!」

と、女性の声がした。

その声に振り向くと、その声の主は、かなりガタイがいい女子高生だった。



ママかぁ…

私が母親になったとき子供たちは私のことを

「かあちゃん」 と、呼んでいた。

それは、旦那が決めた呼び方だ。


子供たちは父親のことを「とうちゃん」、母親の私のことを「かあちゃん」と呼んでいたのだ。

それは、いつまで続いたのだろう…?

いつの間にか、子供たちは私のことを「お母さん」と呼んでいた。

たぶん、小学生になった頃か…?


「お母さんと呼びなさい」

そんな強制は、したことがない。

「かあちゃん」と呼ばれることはキライじゃなかったから。

でも、子供たちは、いつまでも「かあちゃん」と呼ぶことに、何かしら抵抗を感じたのかもしれない。

子供同士の会話の中で、何かがあったのかもしれない。

うん。

今度聞いてみよう。



「○○(1号) は、いつまでママって呼んでくれるかなぁ…?」

ふと娘が呟いた。

男の子だからね。

高校生になったら「おふくろ」とか、なんとか言ってるんじゃないかな?(*^_^*)



かあちゃんから、お母さん。

そして今は、ばーびー。




ばーびー

カワイイやんけ!!(//∇//)







 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。