FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

「小さな便り 大きな便り」



私はネットをするとき、必ずと言っていいほど音楽を流している。

それはニコ動であったり、YouTubeであったり。

昨夜は、YouTubeを流しながら作業していた。

電源を落とす前に見た動画に、手が止まった。

それは鉄拳のパラパラ漫画だった。

ほんの少し見たところで、目が釘付けになった。

そして号泣。

今、思い出しただけでも涙がにじむ。



「こんなの好きじゃない…」

「そんなに暇じゃ、ないんだけど…」


そう思ってても、ぜひ見て欲しい。




これは、飼い猫の健康状態を注意して見て欲しいという願いから作られた動画なのだけれど、

これは人間に対しても同じことが言えるのじゃないかな?



私の父は、30年ほど前、大腸がんが発見され手術した。

その頃、母も健在で、ふたりして人間ドックにいったりして健康には注意していた。

それなのに大腸がんになったことに気付かなかった。

どうして、大腸がんに気づいたのか…?

それは、動画と同じで「大きな便り」だった。


「エンピツみたいな細い便しか出らんのよ…」


そこで病院に行き大腸がんが発見されたのだ。



そして、先月の父の再発の手術…

これも「大きな便り」だった。

便り…

というよりも、便りが届かなかったのだ。

体の中からの便りが無い。

そのことから病院へと駆け込むことになったのだ。



この動画は、生きるもの全てに同じ事が言えると思う。

自分の体の中で、今何が起きているのか。

そして今、どんな状態であるのかを確かめる術だと思う。


自分の体の中からの 「小さな便り 大きな便り」

しっかり観察して、いつまでも健康でいられるように…







ネコちゃん元気になって良かった…







 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。