FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
2

ラジオ




昨日、娘が半休だったので、孫っちを連れて、父の面会に行った。

ちょうど夕食の時間で、入所者の方たちと集まって食事の真っ最中だった。

私たちが行った時は、父は食事も終わりかけて、かぼちゃのスープを飲んで終了というところ。


「慌てんで、ゆっくりでいいよ。」

そう声をかけ、食べ終わるのを見ていた。

初めて会う女性スタッフさんと、少し話すことができた。

優しそうな気さくな感じの人だ。

「○○さん(父の苗字)、ひ孫さんね~? 癒されるね~」

ニコニコ笑いながら、孫っち達に

「いくつ?」 と、話しかけていた。


食事が終わり、部屋に戻り、父と話した。

「ここの居心地は、どんなね?」

「う~ん… まぁ、こんなもんやろ?」

父は、そう言って笑った。


まぁ、嫌な思いや、窮屈な思いはしてないようだ。

それが聞けただけでも安心した。


以前、ブロ友さんからのコメントで「ラジオ」というアドバイスを頂いた。

目がよく見えないならば、ラジオでも情報は得られるし、相撲もラジオ中継される。

幸運なことに、父は耳は良く聞こえるようだ。

もしかしたら私より、聞こえるかもしれないと思うほど、耳はよく聞こえるようだ。


前回、面会した時に「ラジオいる?」 と、聞いてみた。

「おお!ラジオか!あったら便利やね!」

と、名案だ!と言わんばかりの顔をしたので、次に来るときは「持ってくるから!」と、約束した。


そして、満を持して父の枕元にラジオが、お供に加わった。

いよいよ、明日から大相撲9月場所が始まる。

一生懸命、ラジオにかぶりつくように聞き入る父の姿が浮かんだ。



明日は日曜日。

明日も会いにいくからね!








 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。