FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
4

日向時間





宮崎県は、むかし「日向の国」(ひゅうがのくに)と言われていた。

宮崎の言葉に「日向時間」(ひゅうがじかん)と言うものがある。

意味は、「宮崎人は、約束の時間を守らず遅れる」 ことを指すようだ。


例えば…

「約束の時間過ぎてるのに、Aちゃん来ないねぇ~」

「Aちゃん、日向時間だねぇ~」


みたいな。



宮崎の方言に「てげてげ」という言葉がある。

「てげてげ」とは、 だいたい  そこそこ  てきとー  といった意味。


日向時間も、てげてげも、あまり良い意味で使ったりしない。





先日、孫っちの運動会があった。

前日に配られた園からの、お知らせには

「運動会は9時から行われますが、園児は8時半までに体育館に来てください

と、書かれていた。


孫っちと一緒に私たちも遅れないよう、8時15分に家を出た。

近いので、8時半には十分間に合った。

体育館の中には、半数以上の園児たちが集まり、運動会が始まるのを待っていた。


暫くすると、

「子供たちが集まり次第、開会します。」

とのアナウンス。

時間は、8時45分くらいだったか。




8時45分を過ぎてポツリ、ポツリと園児が体育館の中に駆け込んでくる。

日向時間…



8時50分。

最後の園児が駆け込んできた。

20分の遅刻だ。

まさに、てげてげ。



毎年、何かのイベントごとに、日向時間の子供たちがいる。

親は、てげてげ。


子供は親の背中を見て育つ。

日向時間の親で育った子供は、親と同じように育つのか、それとも、「これじゃいけない!」と育つのか。

後者であってほしいと願わずにいられない。



時間は、しっかり守って皆に迷惑をかけないようにしなくては…

改めて、心に思う私だった。





 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。