FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
6

宮崎シーサイド 芸術花火 2018




11月4日 日曜日。

我が家から、車で1時間ちょっと。

みやざき臨海公園で行われた

宮崎シーサイド芸術花火 2018

に、行ってきた。

音楽と花火を楽しむというイベントだ。


恥ずかしながら、今まで生きてきてチケットを買って花火を見るという経験は1度も無い。

「花火は無料で見る」

そういう考えが、私の中にあった。

そんな私が、今回、見に行ったのはチケットをもらったから。


我が家のマスオくんが、会社関係でチケットを頂いたのだ。

一番お安い芝席(¥2000 税抜き)だけど、せっかくだから行こうか?

ということで、娘と孫っち1号2号とで、行くことにしたのだった。

未就学児は無料なのも嬉しいね!(*^_^*)




2010年に宮崎を襲った口蹄疫を覚えておられるだろうか?

そもそも、この「宮崎シーサイド芸術花火 2018」 というのは、

歌手の泉谷しげるさんが口蹄疫からの復興を願って企画した「水平線の花火と音楽」から始まっている。


2010年11月7日に「水平線の花火と音楽」の1回目が行われた。

毎年、泉谷しげる氏をはじめ、毎回豪華なゲストが出演し、音楽と花火で宮崎を盛り上げてくれた。


昨年、和牛のオリンピックと言われる全国和牛能力共進会で 内閣総理大臣賞を受賞した宮崎牛。

泉谷しげる氏の願った口蹄疫からの復興は叶えられ、2016年の7回目で終了となった。


今回 「宮崎シーサイド芸術花火 2018」 が、開催されたきっかけは、

「あの芸術的な花火をもう1度みたい。」

「宮崎の恒例イベントとして復活して欲しい!」


そんな宮崎県民の願いから開催されたとのこと。


内閣総理大臣賞を多数受賞する花火界のスーパースター「野村花火工業」による、

解説付きの尺玉花火30発を含む計1万2000発の花火。

もうね、これ「素晴らしかった!」の一言に尽きる。

この素晴らしい花火と音楽の融合は、まさに芸術!!

私のチンケな写真じゃ、この感動が伝えられないのが残念でたまらない。゚゚(゚´Д`゚)゚

芸術花火2018

花火カスが降ってくるくらい近い場所で、この素晴らしい花火を見ることができて良かった。

「来年もまた行く?」

娘に尋ねると

「そりゃ、行くわぁ~!」と。

ただし、チケットもらえたらね!だって!!(//∇//)






このあと、駐車場に1時間以上缶詰になることなど知る由もない私だった…






 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。