FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
6

命の選択




父が、昨日ホームで、痙攣を起こして救急車で病院に運ばれた。

兄の話では、しばらく入院するけれど、すぐすぐ命の危険は無いとのこと。

仕事から帰宅し、居間のテーブルの上の娘からの置き手紙で、そのことを知った。


兄からの連絡は、すべて娘に行く。

父の事は、娘から私に伝えられる。

兄は、娘とは普通に話ができるようだ。

娘には申し訳ないけれど、私もそのほうがいい。



父の入院は今年4月の腸閉塞から始まった。

救急車で病院に運ばれ、緊急手術。

その手術の際、大腸がんが発見された。

腸閉塞の手術から10日後、大腸がんの手術。

無事ホッとしたのも束の間・・・

7月に脳腫瘍が見つかり、再び入院し腫瘍摘出の手術。

手術は無事成功し、退院、今に至るのですが―――


私は、その時、このブログに書かなかったことがあります。


父の命の選択をしなければならなかったことを…







脳腫瘍は、大腸がんの転移の可能性だということ。

それから、肝臓にもガンがあること・・・


脳腫瘍の手術のあと、主治医の先生に手術後の説明を受けたあと、そのことを知りました。

兄は、すでにそのことを先生から聞いていたらしく、私の頭は真っ白に…


肝臓がんの手術は、しようと思えば出来る。

けれど、4月に大きな手術を2回、7月に脳腫瘍という大手術をしているのに、さらにまた、

肝臓がんの手術・・・

たった4ヶ月の間に、3度の大手術をしているのに、4度目の手術をしなければならない…


兄は、また父に痛く辛い思いをさせたくないと、手術を断ったようだ。

そのことを私に直接電話してきた。

「おまえが、手術してくれと頼むなら、してもいいんやぞ。」

「でもたった4ヶ月の間に、大きな手術を3回もしたのに、また手術させるのは、かわいそうや。」

私も、兄の思いは分かる。

父が、まだ70代であったのなら、手術をお願いしたと思う。

けれど、短期間の間に4回目の手術をお願いするには、父は高齢すぎる。


父の命の選択を兄と私が、しなければならなかった。

「手術しなくていい…」

兄の電話に、そう答えた。



「あとは、”見守り” という形になるんやと。」

兄は、父が退院してホームに入所する前に、そう言った。



高齢になると、がんの進行は遅くなると思っていた。

いや… 無理やりそう思い込もうとしていた。

ガンを告知されても何年も生き延びた患者さんもいる。

父も、きっとそうだと思いたかった。



昨日、父が痙攣を起こしたのは、脳腫瘍が原因とのこと。

脳腫瘍が2箇所。

肝臓がんの方は、肝臓の40パーセントが、がんに侵されているそうだ。

先生が言われるには、もって3ヶ月。



このことは兄が娘に伝えたこと。

兄は、直接私に言うことが辛かったのかもしれない。

そう思いたい。



4日前…

11日、日曜日に孫っちを連れてホームに面会に行った。

ベッドに座り、孫っちの手を代わる代わる握り微笑んでいた父。

今日、病院で見た父に、その面影はなかった。





命には限りがある。

不老不死の人間はいない。

誰でも公平に死は必ず訪れる。


50も過ぎれば、両親が、そういう歳になるのは仕方ないこと。

順番なのだ。

私も我が子が50も過ぎれば、そういう歳になる。

それは、ごくごく自然なこと。



それでも、私は思うのだ。

選択を間違ったのだろうか?

あの時、肝臓がんの手術をお願いしていれば、父の寿命は伸びたかもしれない。


手術を断ったのは、間違っていたのだろうか?

間違った選択をしてしまったから、こんなふうになってしまったのだろうか…

私は、取り返しのつかない事をしてしまったような気がしてならない。



まだ私に出来ることがありますか?

父のために、何かしてあげられることがありますか?

神にすがりたい気持ちで、いっぱいになる。




娘がポツリと呟いた。

「来年、生まれて見せてあげられたらいいけど…」


来春、父にとって6人目のひ孫が生まれる。

頑張って生きて!

少しでも長く。

ガンバレ、とうさん!!








web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。