FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
2

「ありがとう。また来いよ。」




今日は、日曜日。

息子から電話があり、父のお見舞いに一緒に行きたいとのこと。


カンナちゃんが生まれて約2ヶ月。

父にカンナちゃんを見せたいという。

父には生まれたことを報告したけれど、覚えているのだろうか?


病院に着くと、父は一人部屋から4人部屋へと移動していた。

部屋は留守になっていて、父はナースステーションにいるようだった。

看護師さんに声をかけると、父を談話室へと連れてきてくれた。


車椅子に座ってる!!Σ(゚艸゚〃)

再入院してから、父のベッドに横たわった姿しか見ていなかったので驚いた。

快復に向かっているのだろうか?

「もって3ヶ月」

先生は、そう言った。

なにかの間違いではなかろうか?

父のお見舞いに行くたびに、少しずつだけれど良くなっているような気がする。


「カンナちゃんだよ~!」

父のそばに、カンナちゃんを連れて行く。

カンナちゃんの顔に近づき、うすらぼんやりとしか見えない目で、

生まれたばかりのひ孫の顔を一生懸命覗き込む父。

口元は、かすかに微笑んでいる。


父の胸にカンナちゃんを近づけると、不自由ながらも、しっかりと支える父の手。

思わず泣きそうになった。


父とは会話できない。

話すことができなくなっているようだ。

言っていることは、分かるようで問いかけに頷いたりできる。


自分の気持ちを伝えることが出来ないのは辛いね。

思っていることを言葉に出来ないのは悲しいね。

父は、きっとカンナちゃんに「かわいいねぇ~」と言いたかったはずだ。




「また来るね。」

ひ孫たちに代わる代わる手を握られ嬉しそうにしていた父。

看護師さんに「ひ孫さんね?かわいいねぇ~」と言われ頷いていた父。


まだ喋れる頃、帰り際には「ありがとう。」と言っていた父だけど、今日は右手を上げた。


「また来るからね。」

「ありがとう。また来いよ。」


言葉にはならないけれど、ちゃんと伝わったよ。








 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。