FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

あの日から





数日前から、TVの特集で、津波についての番組が放送されていた。

そうか…

あの日が、近づいているのか…

そう思いました。




そして―――

今日は、3月11日。

東日本大震災から8年を迎えました。


TVの映像では復興が進んでいるように見えますが、

まだまだ目に見えていない、手の届いてないところもあるようです。



8年前、東北を襲った津波は、多くの尊い命を奪いました。

その代わりと言ってはなんですが、この悲しい出来事は、多くの教訓をうみました。


地震が起こったら、急いで高台へ非難すること。

「ここは大丈夫だ」 と、過信しないこと。

一度避難したら、様子を見に戻らないこと。

自分の命は自分で守ること。



生きてさえいれば、なんとかなる。




孫たちの通う保育園では、月に1度、避難訓練があります。

万が一のことを考え、地域で協力し、高台に有る避難場所へ移動します。

小さな子供たちは、何度も繰り返すことで、避難の仕方が身につくはずです。

身を守るためには「やりすぎ」という事はありません。

命を守るための勉強です。




私たちは、忘れてはいけない。

あの日、多くの命が奪われた事実を。

風化させてはいけない。

8年前の3月11日に起こったことを。





午後2時46分

目を閉じ手を合わせ黙祷しました。



悲劇が二度と起こりませんように…




web拍手 by FC2
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。