FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

私は ばーびー




夜7時すぎ、娘が本屋さんに用があるというので、孫っち2号と一緒について行った。


2号は、ママと二人で店内を物色。

私は一人で、気になる漫画を立ち読みしたり、ステーショナリーや、

カワイイ雑貨を見ながら店内を回っていた。


娘が、目的の物を購入したのだろう。

レジの方向から私を呼ぶ2号の声が聞こえた。




「ば~び~!」




「ば~び~~!」




「ば~び~~~!!」




「ば~~~び~~~~~!!」




おいおい…(゚д゚lll)

そんな大きな声で、私を呼ぶでない。(;^_^A


急ぎ足で、声のした方向へ。


レジの近くで私を見つけた2号。


「あっ!ばーびー、おった!!」(*´∀`*)

「はいはい…」 (;^_^A



レジのカウンターの中には、若い男女の店員さん。

私と2号を見て笑っていた。


二人の心の声が聞こえる。

『あぁ…あの人が、ばーびー なんだ…』





あぁ、そうですよ。

私が、ばーびーですよ…_| ̄|○






そう言えば、孫っち1号が、同じくらいの歳の頃、似たような出来事があったな…


2度あることは3度ある。



3年後にまた、同じことが起こるのかもしれないな…







娘の出産予定日まで、残り1ヶ月を切りました。(*^_^*)




 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。