FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
-

父さん ありがとう




本日、無事告別式を終わらせることができました。





彼岸明けの24日、日曜日。

私は仕事に行っていました。

お昼過ぎ、職場に娘から電話がありました。

兄から電話で、父の具合が悪く血圧も取れない状態であるとのこと。

電話を切ったあと、すぐ早退させてもらい帰宅、みんなと急いで病院に行きました。

病院には午後1時ちょっとに到着。

父は、みんなが来るのを待っていてくれました。


荒く早い呼吸が、フッと切れ心拍も少しずつ少なくなり…


覚悟は出来ているつもりでした。

いつか、こんな日が来るのだろうと…

でも実際、その時を迎えると辛いですね。


旦那と息子は仕事で間に合いませんでしたが、娘夫婦と孫っち1号、2号、

兄の家族とで父の最期を看取ることができました。



人が亡くなることって、本当に大変なんですね。

悲しんで泣いている暇は無い。

葬儀の段取りなどを決める話し合いなど、やることは、てんこ盛りです。




精神的にキツいですねぇ…(´;ω;`)

体力的にも、ちょっとアレなところも…(´・ω・`)

2日間で、睡眠時間は、計4時間といったところでしょうか…


夜伽で見守っている間、娘、息子と、いろいろな話をたくさんすることができました。

過去の話、今現在の話、そして未来の話。

私の思いを二人に伝える貴重な時間となりました。




収骨には、孫っちたちも加わり、貴重な体験をすることができました。

成長し、大人になったとき、どれだけのことを覚えてくれているのでしょうか。



生と死。

命の大切さ。

父は、小さな曾孫たちに、そのことを教えてくれました。








父さん…

もう、母さんに会えた?

もう寂しくないね。



父さん…

さよならは言わんよ。

また会える日が来るからね。(*^_^*)



父さん…

ありがとう。

またね。









web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。