FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
2

長い一日




ママが入院中の我が家の孫っちたち。

昨夜は、1号、2号と2階の部屋でパパと3人で寝ているはずだったのだけれど…


昨夜、11時すぎ―――

2階から誰かが下りてくる足音が聞こえた。

まだPCでネットを楽しんでいる私に

「したの へやで ねる…」 と1号が。

「なに?ここで?ひとりで寝るの?」

「ううん…ばーびーと ねる。」


出産間近の娘が、数日前、居間に布団を持って下ろし、寝起きしていた。

昨日の今日で、布団はそのままの状態だった。

1号は、そこで私と一緒に寝たいと言ったのだ。


パパは、2号と既に夢の中。

寝そびれた1号。

ひとり布団の中、1号は何を思ったのか…

ママのいない寂しさなのか、小さな弟が増えて、不安を感じたのか…

小さな胸の中の複雑な思いをしっかり受け止めないといけない。


「うん、分かった。」

私は、すぐに布団を広げ、1号を寝かせた。

PCの電源を落とし

「お風呂入ってくるから先に寝てなさい。」

そう言って、急いでお風呂に入った。


急いで風呂から上がると、1号は夢の中。

「あかちゃん かわいいね」

そう言ってニッコリ笑っていたけれど、心の隅っこに、何か思うものがあるのだろう。



一番最初に生まれてきたから…

一番お兄ちゃんだから…

私には経験したことのない気持ちを1号は今、経験しているのだ。


同じ布団の中、並んで眠る。

『頑張るんだぞ!』

眠った1号の頭を撫でる。

長い、長い一日が終わった。







と、思ったけれど…

噂に聞いていた1号の寝相の悪さに、一晩中魘される私なのだった。_| ̄|○








web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。