FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

オタマジャクシ





先々週だったか…

同僚Kさんが

「孫がね、オタマジャクシを飼ってるっちゃが!」

と、話していた。


そして先週…

「オタマジャクシに足が生えてきたっちゃが!」

と、気持ち悪そうな顔をして言っていた。



そして今日…

「オタマジャクシが、とうとうカエルになったっちゃが!」

「緑色の小さいカエルになんよ。」


私 「あぁ!アマガエルっていうやつやね?」

「そうそう! 肺呼吸になるから上陸できる石を入れてやったんやけどね…」

私 「餌が大変やろ?生き餌じゃないと食べんっちゃない?」

「虫を捕まえてこんとイカンねぇ…」



そう言えば、私も子供の頃、オタマジャクシを飼ったことがある。

小さな小さなオタマジャクシで、その当時、それがカワイイと思ったんだろうね。

今では決して飼いたいなんて思わないんだけれど…(´・ω・`)


ちゃんと育てたよ。(*^_^*)

餌はパンを小さくちぎって、あげてたような記憶がある。

ある日、その小さなオタマジャクシは、小さな小さな緑色のカエルになった。

アマガエルだ。(*^_^*)

小さくてカワイイ緑色のアマガエルを手のひらに乗せ、

少し遊んだあとオタマジャクシを拾ってきた(?)場所に戻しに行った。

ナゼ、カエルを逃がしたのかは理由は覚えてない。

可哀想になったのか、カエルに育て上げたことに満足したのか…

たしか、小学校の低学年の事だったと記憶している。




「カエルになったら逃がしてあげるんよ。」

Kさんは孫に言ったようだけど…

このままKさんの孫は、カエルを飼い続けるのだろうか?

その後のKさんの報告が楽しみだ。(*^_^*)








 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。