FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

今日から8月




今日から8月。

今日も一日暑かった。

こんなに暑いと、川に行って、木陰で足を浸してヒンヤリ涼みたい。


先日、コテージの下見に行った際、1時間ほど孫っちを遊ばせた。

その時、ちょっと見てはいけないもの(?)に出会ってしまった。



先日、吉本興業の芸人さんたちが、反社会的勢力のパーティに闇営業に行き、

ギャラを貰い騒動になっていた。

芸人さんたちの言い分は 「反社会的勢力の人たちの集まりと知らなかった…」 と。

「そんなわけ無いだろう!」 そういう声が上がっていたけれど…

「分からなかった」 という言い分も納得できる出来事が身近に起こった。



先日、下見に行った川で、反社会的勢力と呼ばれる人の家族に出会ったのだ。

どうして反社会的勢力の人だと分かったのか。

それは刺青。

タトゥーと呼ばれるようなオシャレの域を遥かに脱していた刺青。

それは、肩から肘のあたりまで。

簡単に説明すれば 「遠山の金さん」 のような刺青だった。


そんな刺青を入れる一般人は、いないよね?

パッと見は、20代後半から30前半。

奥さんと子供も一緒で、川遊びを楽しんでいた。


見てはいけないものを見てしまった!という感じで、なるべく目を合わさないように…

かと言って、不自然に避けるような態度をとってもいけない。

その人が、そばを通るたびに、変にドキドキしたのは言うまでもない。


たまたま、川で出会って、上半身裸で刺青が見えたから、ソレと分かったのだけれど、

この人が普通に街の中で服を着て歩いていたら、ソレとは気がつかないだろう。

反社会的勢力の人と認識するのは、難しいということの証明だ。




タトゥーをしている人は、公共の施設では、いろいろ制限されると聞く。

公衆浴場やサウナはダメ。

プールもダメ。


そんなリスクがあるのに、タトゥーを入れてしまうのはナゼなんだろう?

私には、一生分からない問題だ。







web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。