FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

昨夜の出来ごと







それは、昨夜の出来ごと。



娘と二人、夜7時過ぎに買い物に出かけた帰り道。

白くて長い髭を蓄えた、80過ぎとみられる、おじいさんが、道端に座り込んでいるのが見えた。

おじいさんの傍らには、杖が転がっていたような…


車を運転していた娘にも、その姿が確認できたようで、

「あっ!おじいちゃん、そんなとこでどうしたんやろ?」 と。

後続の車がいたので、通り過ぎるしか無かった娘。


「ねぇ?、アンタ一人やったら、どうする?」 と娘に問いかけた私。

娘は、一瞬考えて

「交番に行く…?かな?」


うん。

私も同じこと考えてたよ。

なので

「すぐ近くのスーパーのとこの派出所に寄って!」

と、娘に頼んだ。


あのまま、放っておくのは気分が悪い。

偽善者と思われようが、私に出来ることは、それしかない。



派出所には、男性二人、女性一人の警察官がいた。

「○○ラーメンの前の道端に、おじいさんが座り込んでて、何か気になったので、見に行ってくれませんか?」

私の言葉に快く耳を貸してくれた警察の方。

「行ってみますね。」

そう言い、出かける準備を始めた。


報告を済ませ、私は派出所を出たので、その後のことは、どうなったのか分からない。

おじいさんが、まだ現場にいて、おまわりさんが保護してくれたのか、

それとも、おじいさんは、もういなかったのか…


どちらにしても、今、自分に出来ることをやれて良かった。

自己満足なのかな?

そう思うけれど、あのまま何もしていなかったら、気になって眠れなかったかもしれない。






今日は、何も無い良い一日だった。

明日も良い一日になりますように…










web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。