FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
4

消えたランドセル





我が家の孫っち1号は小1。

学校が終わり、帰ってくるのは、午後3時前後。

その日孫っち1号は、4時過ぎても帰ってこなかった。



近所に団地に囲まれた公園があるのだが、おそらく、そこで遊んでいるのだろう。

友達と公園で遊ぶのは良いことだけれど、一旦帰宅して宿題、宅習を終えてから、

遊びに行くように何度も言い聞かせていた。

約束を守れない1号に怒り心頭。

自転車に乗り、公園に向かった。


公園に着くと、ベンチにランドセルが1つ置かれていた。

色から見て、1号の物じゃないと直ぐにわかった。

公園内を見渡すと、ブランコの前に、もう1つランドセルが転がっていた。

ランドセルの蓋はパカッと開かれ、中身は散乱し、近くには体操服の入った袋、

連絡ノート、水筒が…


当の1号の姿は、どこにも見られず、頭に血が上った私は、無言で荷物をかき集め、

自転車の前カゴにそれらを突っ込むと、さっさと家に帰り、納戸に荷物を隠した。

ありのまま全てをLINEで娘に報告し、なるべく早く帰宅するようにと連絡しておいた。



5時すぎ「ただいま」も言わずに、帰ってきた1号に、何も知らない顔をして

「する事済んでから遊びに行くように言ってるやろ!?」 と。

ランドセルが無くなったことを言えずに、かなり落ち込んだ顔の1号だけれど、

知らぬ存ぜぬで、しらばっくれていた私。


「宿題は?宅習は? 早くしなさい!!」

私も悪よのぅ~Ψ(`∀´)Ψ ウヒヒ

ランドセルが無いのに出来るはずがない。


5時少しすぎ、娘が帰ってきた。

すべてを知っている娘。

1号と二人で、かなり長い時間話し込んでいた。

別の部屋にいた私に

「ものすごく反省してるみたいよ…どうする?」 と娘。

ランドセルを納戸から出すタイミングは…


とにかく、一緒に公園にランドセルを探しに出て、その間に何とかしておくからと。

1号が、いないうちに納戸からランドセルを取り出し、部屋に置き、帰りを待った。


1号が、帰ってくると

「ゴミ捨て場に捨ててあったって、おまわりさんが持ってきてくれたよ!」

ホッとしたのか、泣きそうな顔の1号。

今回、良い薬になったことだろう。






ところで…

1号と、娘が公園に向かっている間に、こんな話をしたそうだ。


「黒い自転車に乗った、黒い服着た人が、持っていったから公園の中を探しても無いよ。」

友達とランドセルを探していた時、団地のおばちゃんが、教えてくれたそうだ。


どうやら団地に住んでいるご婦人が、私の行動を一部始終見ていたようだ。(゚д゚lll)




でもね…

私の自転車は、シルバー。

そして、着ていた服は、紺色のTシャツ。(*^_^*)

ちょっと違ったね!



でも、誰かが、どこかで見てるんだ。

悪い事は出来ないよね!(//∇//)






 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。