FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
6

いい風呂 の日






今日は11月26日。

「いい風呂 の日」 なのだそうで。(*^_^*)

そう聞いて、温泉に行きたいな~と思った私。

寒い日は、大きなお風呂が、気持ちいい。



そう言えば、私が、まだ小学校に入る前のこと。

今は亡き母は、色々な職を経験してきたのだけれど、ダンプの運ちゃんに就く前、

銭湯で仕事をしていた時期があった。


子供の頃、銭湯は、たくさんあって、母が仕事をしていた銭湯から歩いて5分もかからないところにも

別の銭湯があるくらい、銭湯は多かった。



「お母さんは、なんの仕事してるの?」 

私が尋ねると、母は笑いながら

「ボイラーマン!」 

と答えた。

ボイラー技士免許を持っているわけではなかったけれど、銭湯で仕事をしているので、

自分で勝手にボイラーマンと言っていたわけで。(//∇//)


母が銭湯で仕事をしているので、家には風呂があったのだけれど、毎日、母の働く銭湯に入っていた。

その頃、入浴料は、どのくらいしたのだろう…?

値段は覚えていないけれど、、男湯と女湯のちょうど境の高いところに番台があって、

そこでお金を払って入浴するシステムだった。

竹で出来たカゴを逆さにして、トントンとゴミやホコリを落とすと、脱いだ服をそこに入れていた。

時々、母が番台に上がっていたこともあったなぁ~(*^_^*)


お風呂に入って、頭を洗っていると、友達のお母さんが、すすぐのを手伝ってくれたり。

当時は、銭湯を利用する人も多かったので、知り合いと遭遇することも多々あった。

大きなお風呂、薬湯と呼ばれる茶色いお湯のお風呂、水のお風呂。

大きなお風呂は、気持ちよかったなぁ~(*^_^*)


銭湯に入ったのは、その時期だけで、母が退職したあと、銭湯を利用することは無くなってしまった。



子供の頃に体験した、あの番台がある銭湯は、全く見かけなくなってしまった。

今は、スーパー銭湯。

建物に入ると下駄箱に履物を入れ、券売機で入浴券を購入し、フロントに渡す。

大きな暖簾の「女湯」をくぐるとコインロッカーの並んだ脱衣所が有り、そこで服を脱ぐ。


お風呂の種類も5~6種あって、楽しめる。

大きなサッシのラス戸を開け、外に出ると露天風呂も!

やっぱりスーパー銭湯には露天風呂は欠かせない。

やっぱり、昔も今も、大きなお風呂は気持ちいい。



今日は 「いい風呂」 の日。

母が働いていた懐かしい銭湯を思い出した。

むかし、むかしの 懐かしい思い出…






 

web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。