FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
4

おばちゃん






3か月前に入社した吃音症持ちの 新人 I 君。

無事、試用期間を終え、半日(5時間)から、8時間勤務となった。


声も、時々聞こえるようになったし、指導役の同僚も

「彼は、成長したよ~!」

と、喜んでいた。


出来る仕事の範囲を広げるための修行も始まった。


「優しい、おばさんに、ちゃんと教えてもらうんよ。」

一番の年長の男性同僚が、 新人 I 君に笑いながら言うので

「優しい、お姉さんやろ?」

と、私が突っ込むと、

「いや~!もうお姉さんっちゅう歳じゃなかろうもん!」( ´,_ゝ`)

と、言われた。


今回の指導役の同僚は、36歳。

私から見たら、ぜんぜん若いし、22歳の 新人 I 君からみても、

「お姉さん」と言っても問題無いじゃない!(´・ω・`)



そういえば―――

私が、初めて他人から 「おばちゃん」 と呼ばれたのは、いつだったか…



結婚当初、住んでいたのは1軒屋の借家だった。

ちょうど真裏の借家にも若い夫婦が住んでいて、2歳くらいになる女の子がいた。

娘が、生後半年になるくらいの頃のこと。

裏の借家に住む、女の子が、私に

「おねえちゃん!」 

と、話しかけてきた。


『おねえちゃん かぁ~』 (//∇//)

まんざらでもない顔をしながら、

「なぁに?」 と言うのと同時に

「おねえちゃんじゃないでしょ!おばちゃんだよ!」

と、女の子のお母さんの声。


私、その時、23歳。

『23歳で、おばちゃんか…』

内心、グッと来るものがあったけれど、黙っていた。


まぁね、子供を産んだ時点で 「おねえちゃん」 じゃなくなるって言うし。

それにしても、子供の言葉を笑って聞き流すこともできず、

否定する母親に嫌悪感を感じたのは紛れもない事実。


時は流れて―――

某ハンバーガショップで仕事をしていた39歳の私。

小学校低学年の男の子に

「おばちゃん!」 と言われたとき、そばにいた母親から

「おばちゃんじゃないでしょ!おねえちゃんだよ!!」

と言われ、こそばゆい思いをしたことがある。

「いえいえ。おばちゃんですよ。」 と笑いながら頭を下げた。(//∇//)


お世辞と分かっているけれど、同じ母親ならば、後者がいい。

いくつになっても、女性は、若く見られたいと思う生き物なのだ。



孫が出来たけれど 「おばあちゃん」 と呼ばれたくない。

ちょっと抗ってもイイじゃない? (//∇//)






web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。