FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
4






我が社は、部署内に自分の携帯電話を持ち込んではいけない。

急用があるときは、会社に電話し、取り次いでもらうことになっている。

(特別な事情があるときは、この限りでない)



部内の電話が鳴った。

「Kさん、電話!!」

何事かと、電話口に駆け寄るKさん。




「えっ!そうなんですか!!」

ちょっと離れた場所から漏れ聞こえるKさんの声。



「はい!はい!!すぐに伺います。」

なにか良くないことが起こったのか?

部内に不穏な空気が流れた。




「娘がね、お腹が痛いって、救急車で運ばれてるんよ。」

「○○病院に向かってるらしいから、今から行ってくるわ!」


なんと!

大変だ!!


電話の相手は、救急車の救急隊員だったようだ。


とにかくKさんの娘さんが心配だ。

「何か分かったら電話して!みんな心配やから!!」

「後のことは、気にせんでいいから!!気をつけて!」

そう言って、Kさんを送り出した。



お腹が痛くなる病気と聞いて思い浮かぶのは、盲腸?

胃腸炎?

自分には経験がないので、さっぱり分からない。



夕方、Kさんから電話があった。

「なんかね…石があって、腎結石? 4ミリ以下で小さいから痛み止めもらって帰ってきたんよ…」


なんと!腎結石!!



腎結石をググってみると―――

下腹部に 「のたうち回るほどの痛み」 をともなう

と、あった。

マジ!? ((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ



Kさんの娘さん、ひとりで心細かっただろうに…

とにかく大事にならなくて良かった…ε-(´∀`*)ホッ



こういう時に、いつも思うのは、健康な体の有り難さ。

大きな病気をせず、普通に生活できることの有り難さ。

今日も感謝、感謝。(*^人^*)






web拍手 by FC2
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。