FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

とき

時間とは時として優しくもあり残酷でもある…

  (夢小説は右の入口からどうぞ!)

どこぞの有名な賢者が言ったような言葉だけど、これは私が感じたこと。

親しい人に裏切られた時「絶対に許さない!忘れない!」そう心に誓ったはずなのに時間とともに怒りは収まりいつの間にか許していた。

許したと言うよりも、どうでもよくなってしまったというのが近い。

時間が優しさを取り戻してくれたのか…


母が亡くなった時―――

自分の子どものように可愛がっていたセキセイインコが☆になってしまった時―――

私はこのまま一生、泣き暮らして行くのだと思っていた。

忘れてはいけないし、1秒たりとも忘れることなく暮らして行くのだとも思っていた。

1年経ち、2年経ち―――

思う時間が少しずつ減っていく…

忘れる事は、いけないと思っていた。

でもそれは間違っていた。

故人が一番思う事は、いつまでも自分の事を思い、悲しみ、泣かないでほしいと願っているそうだ。

自分がいなくなったことに淋しさを感じてくれる事は嬉しいけど、それよりも前を向いてしっかり進んで行って欲しいと願っていると…

生きている人は未来に向かって頑張って欲しいってことなんだ。

忘れる事は残酷…

でも忘れて―――

時々、思い出して笑いながら、少しだけ涙すればいいかな…?

そう思ったら少し泣けてきた。


(*゚◇゚)<泣くのはイイ事なんだって!   うん!>(*^.^*)



ブログランキング参加中☆
 ↓ポチッとよろしく↓



 

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/1048-c42abf51