FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

○○似の彼


私の働く部署には5~6社の業者が出入りしている。

全員男性で年齢は様々。

その中の一人、一番若いと思われるM社の男性。


先日、同僚のMさんが

「あの人、おだゆうじに似てるね。」と呟いた。

あぁ…

言われてみれば、そうかも…

なんとなく雰囲気が似ている。


次の日、おだゆうじ似の彼がやって来た時、同僚のKさんが彼に向かって

おだゆうじに似てるね。ほら!あの人が似てるって一番最初に言ったんよ!!」とMさんを指さした。

Kさん部内では天然キャラで通っている。

社交的な性格で初対面の人にも気軽に話しかけるひと。

ちょっと突っ込んだ事も聞いてくるので、ひところ「勇者」と密かに呼ばれていた。

勇者Kさんの一言で部内、『プッ』と笑いが漏れた。

まさか本人に言うとは思ってなかったのだ。


当のおだゆうじは照れくさそうに

「色が黒いとこだけでしょ?」と笑っていた。

「そんなことないよ~。ホント似てるって!」

勇者Kさん、更に続けた。



納品を済ませ部屋を出る前、おだゆうじ似の彼は

「何か持ってこないといけないっすね。」と笑いながら出て行った。

いつもニコニコしながら部内に入ってくるおだゆうじは話してみると、なかなか気さくな感じ。

今まで気付かなかったし…



それから数分後…

おだゆうじがレジ袋を下げて入ってきた。

「これ皆さんで、どうぞ!」

袋の中にはペットボトルのお茶やジュースが10本入っていた。

おだゆうじに似てると言われたことが嬉しかったのか?

それともおだゆうじのファンだったのか…?

理由は分からないが勇者Kさんの言った一言がジュースになったのだ。

部のみんながおだゆうじの周りに集まり、驚きと笑いに包まれた。

こうゆうの好きだ。

彼の気前の良さと人柄に触れた瞬間だった。





今日もおだゆうじは職場にやって来る。

みんなが「きた―――!」と言うのはお決まりの文句に。

ちょっと前の目薬のCMのセリフ。

しばらく部内は、この「きた―――!」が続きそうだ。




(*゚◇゚)<なに貰ったの?      午後ティー(ミルク)だよ♪>( *ˆ.ˆ* )



 ブログランキング参加中☆
 ↓ポチッとよろしく↓





 

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/1605-a40aecbd