FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
6

親友


親友って、なんだろう?

親友と友達の境目ってどこなんだろう?




私には今、親友と呼べる人はいない。

それは多分、私の性格のせい。


親友って、いつどんな時でも連絡して会って話せる人が親友。

どんな悩みも秘密なことも話して共有できる人が親友。

思ったこと、考えてること全部吐き出してしまえる人が親友。


私の思ってる親友の定義。



そんなこと出来ない。

思ったこと全部吐き出してしまえる人なんかいない。

心のどこかで遠慮して一歩引いて考えてしまう。


こんなことしたら迷惑だ。

こんなこと言ったら気を悪くしてしまう。


いつも、いつも心の中にあって言葉に、態度にできない。

だから私は親友はいない。



ちょっと前に思ったことがある。

自分が親友かな?と思ってる相手は私のことを親友と思っててくれてるのかな?


自分ばかりが親友だと思ってても、相手が自分のことを親友だと思ってくれてなければ、そんなの親友と呼べないじゃないか。


「私のこと親友だって思ってる?」

そんなこと聞ける?

否、聞けるわけない。



難しい性格の私。

もっと社交的で、いい意味での図々しさがあれば良かったのになぁ…





(*゚◇゚)<気、使いすぎ?       人見知りなんだよ!>(//∇//)




 

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

森の端材工房人 says..."No title"
人は誰でも、長所、短所がある。
自分では気づいてないことでも、他人から見れば気づくこともありますよね。

友達の短所を見つけた時、遠慮せずに「お前、それはダメやで」と教えてあげたり、逆に指摘されたりできる間柄で、指摘されても、それほど悪気を持つ事がなければ、親友と言えるのではないでしょうか。

私には、小学、高校時代からの親友が3人いますが、年に数回、食事会をするぐらいで、頻繁に連絡をとりあうことは、ありません。
大きな悩みが出た時に、メールか電話で相談すると、メシでも行こかとなります。

そこで、私の悪い所などを、バンバン言ってくれますが、悪い気はしません。
「自分の事を思って言ってくれている」と確信できているからです。

友達が「実はこう思っているんじゃないか」とか、そんな事は関係ないと思います。
上記のことを自分が確信できるかどうかです。
確信できれば、それは親友なんではないでしょうか。
2015.08.01 01:25 | URL | #qbIq4rIg [edit]
咲希 says..."森の端材工房人さんへ"
そうですね…
よくわかります。

ただ、私は18歳でこちらに越してきたので、こっちで学生時代を過ごしていません。
仲のよかった友人達と離れてしまったことは私の中で大きなダメージだったと思います。

誰も知らない土地で一から始めなければならなかったこと。
この事は私は自分がこんなにも内向的な性格だったことに初めて気づくのでした。

あれれ?
私って、こんなに人見知りだったっけ?

他人に気を遣い嫌われないように。、ひと呼吸おいてモノを言う…
一歩下がって自分を見ている感があるように思います。


こんなんじゃ親友どころか友人もできないよなぁ…なんて。
それでも、どうにか楽しく過ごしていけてる…

学生時代に仲のよかった友人たちは今でも交流はあります。
会って話はできないけど…
あの頃は、あれが親友だったんだな…
そんな気がします。


森の端材工房人さん、親友を大事にしてくださいね。
そして、いつまでもその関係が続きますことをお祈りしています。(*´∀`*)

2015.08.01 23:01 | URL | #- [edit]
森の端材工房人 says..."No title"
そうか・・・
そういう事情があったのですね。

確かに、私も社会人になってから出会った方の中では、親友どころか友達もいません。
親友とはまた別ですが、本心で何でも話せる人は妻ぐらいです。
利害関係のない学生時代に親友はできやすいと思いますが、その後もできない訳ではないとも思いますよ。

知らない土地で一から生活を始めることは、かなりのパワーがいりますし、不安だし、周りの人は全て敵の様に見えてしまいますよね。

私も、大学の時、地元を離れ、知らない大分の土地で一人暮らしをしていたので、よく分かります。

やっぱり、咲希さんの様に、最初はまわりの人にはかなり気を遣っていましたね。いや、誰でもそうなりますよ。

なので、まわりの人は、私の事を「人あたりのいい人」と思いこみ、気の合わない人にまで親近感をもたれ、しんどい思いをした事があります。

また、人に対して気を遣いすぎても、相手にとっては、だんだん、それが重荷に感じてきて、引いていってしまう事もあるのだと気付かされました。

無理せず、自分らしく、自分が思うままに過ごしていけば、共感してくれる友達は自然にできてくる様な気がします。

大分にいた時、その3人の親友は突然、自腹で「来たで~」と言って、大分まで遊びに来てくれました。大切な親友です。大事にします。

咲希さんも、可能であれば学生時代の友達の所に「一度、会いたかってん」と会いに行ってみると、そこから、さらに絆が深まるかもしれませんね。
親友に距離は関係ないと思います。
そういう事に、お金と時間使ってみるのも、たまにはいいかも。

何か学生時代の事を思い出し、熱くなってしまいました。すみません。

それでは、また。




2015.08.02 01:03 | URL | #qbIq4rIg [edit]
咲希 says..."森の端材工房人 さんへ"
子供ころは良かった…
何も考えなくて良かったから。

大人になって色んな物事がわかってくると色んな感情が入り乱れて汚くなっていく。
特に女性は…

例えば彼氏ができれば自分の彼のほうが背が高いとかイケメンだとか高収入だとか…
結婚して子供ができれば、うちの子の方がカワイイだとか成績が良いだとか有名校に通っているとか…

妬みと嫉妬が渦巻いて表の顔は笑ってても内心は酷いこと思ってる。
女の人は、そんな傾向にあるんではないかと思ってるのはTVドラマの影響かな?

その点、男性は良いですね。
私が思うに、さっぱりしてるような気がします。
男の人は、いつまでも純粋な心を持ってるイメージがあります。
森の端材工房人 さんが羨ましい!(*´∀`*)


何もかも手放しにお互いの事を喜びあえる―――
そんな関係が築ける人と出会えるといいな…
大人になってしまった今からでも出会えるといいな…


数年前、学生時代の友人からの年賀状に「会いたいね」とコメントが書かれてありました。
お互い忙しくて、なかなか叶うことができませんが、いつか必ず会いに行こうと思ってます。
2015.08.02 23:41 | URL | #- [edit]
森の端材工房人 says..."No title"
女性の方って、内心は嫌いだとか妬み、嫉妬を持っていても、表面的には、謙遜したり、いい顔して愛想よく話すことができますよね。


男の人は、そういう事が苦手で、嫌と思えば、いい顔して愛想よくすることはでき難いのです。

女の人は相手の内心まで見破る事ができるけど、男の人は、純粋な心の持ち主ではなく、見破る事ができず、表面的な表情や言葉を鵜呑みにするだけなんだと思います。

私は職場で3人の女性を指導する立場にありますが、正直、やりにくいです。
3人仲良くしていますが、内心はどこか競争心丸出しですし、平等に声かけして接しているつもりでも、一人の人に声かけしている時、他の2人の視線を感じたりします。
仕事で注意し過ぎると、報告が上がってこなくなりますし、注意しないと、なかなか改善しない。
悩み多き、この頃です。

学生時代の親友、いつかきっと合いに行って下さい。
2015.08.03 23:46 | URL | #qbIq4rIg [edit]
咲希 says..."森の端材工房人さんへ"
そうなんです。
女性は嘘が上手なんです。( ̄∀ ̄)
顔色一つ変えずに嘘をつきます。
そして都合が悪くなると涙でごまかそうとします。
涙の出し入れは自由自在…

まぁ、女性の全部が全部そういうわけではないのでご安心ください。(*´∀`*)


女性3人の指導ですか…
大変ですね。
相手が若ければ若いほど融通がきかなくなったり…
指導って、すごくパワーがいるんでしょうね。
お仕事、大変そうですが頑張ってくださいね。
くれぐれも女性の涙に動じないように!(∀`*ゞ)エヘヘ
2015.08.04 23:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/1780-940df229