FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
2

認知症


今日もニュースは昨日、宮崎で起こった歩道を暴走した軽自動車のことばかり。

どうやら73歳の男性は認知症だったとのこと。


最近よく聞く高速道路での逆走。

それも運転手は認知症の高齢者が多いと…



さっき見たTVのニュースでは線路を走る認知症の方もいたと。


怖い。

認知症は誰にでも起こりうる病。

高齢者だけでなく50代、60代でも発症する可能性のある病。

将来、自分が発症するかもしれないと思うと怖くなる。



「道路と歩道を間違えた。」

それだけなら分からないでもない。

でも人をはねても止まることもせず走り続けることが出来るのが認知症という症状なのか?

善悪の判断ができない?

今、何が起こっているのか分からなくなってしまう?


これが認知症の症状であれば、いつ自分が被害者になるかわからない。

実際、認知症を発症しているのに運転している高齢者も少なからずいるはずだ。


身近に起こりうる事故。

どうやって自分の身を守るか…

これからの課題かも知れない。




 

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

森の端材工房 says..."No title"
私も、物忘れを時々するから、将来、認知症になるかも?という不安は、いつも持っています。
また、車は持っていませんが、祖父とも同居なので、いずれ認知症になり、街を徘徊、電車を停めたりしないかなという不安は常にありますね。

やはり、家族が一番に気付いてあげることでしょうね。
でも、ずっと首に縄をつけて見張っている訳にもいかないから、家族以外の人でも、認知症ぽい人を見つけたら、気にとめて保護するという社会が作りができないと、どうしようもないと思いますね。
国民一人一人に保護義務とまではいかないまでも、意識をもたせる事は必要かなと思います。

私も動きの変な人を見つけたら、気にとめて、しばらく見守ることを心がけるようにしようと思います。
2015.10.31 00:03 | URL | #qbIq4rIg [edit]
咲希 says..."森の端材工房さんへ"
そうですね…
やっぱり頼りになるのは家族の力なんですよね。

自分では大丈夫だと思っているところがあるんでしょうね。
一番に家族が気づいて対策を考える…
そうしないと防ぎようがないですから。

それから―――
地域の住民との連携も大事になってくるんでしょうね。
気づいたら見守り連絡する。
そういう決まりごとみたいなものが出来ればいいですね。


これからどんどん高齢化が進んでいく…
それはそれで仕方ないことかもしれません。
医学が進んで認知症の画期的な特効薬が出来ればいいなぁ~
 
2015.10.31 22:05 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/1871-88902401