FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
2

ナイアガラ


今日はシフトが休み。

10時過ぎに居間に降りてきてTVをつけた。

そこで面白いことを知った。

それは―――

ナイアガラの滝は夜間になると水量が減る!

驚いた!

知っている人は当然といったふうに知っているんだろうけど、そんなところに行ったこともない私が知るはずもない。



TVでの内容は、こうなふうだった。

ナイアガラに観光に行った際、滝のすぐそばのホテルに部屋をチャージしたEさん。

昼間の観光では壮大な光景に感動したそうだが部屋に戻った時、滝の流れる音に閉口したそうだ。

こんな騒音の中、眠れるだろうかと心配していたが夜になると音が静かになったそうだ。

窓の外を見ると滝の水量が減っていたと。



上流に可動堰が設けられて夜間は昼間の半分に水量を調節しているそうだ。

シーズンオフの冬のあいだも水量は減らしているそうだ。

ウィキによれば―――

1950年代までは浸食により年間1mずつ上流へ移動し、浸食が続けばエリー湖に埋没してしまうため、カナダ滝の落下水量を馬蹄形全体に均等化する工事が60年代にかけて行われ、現在、浸食スピードは年間3cm程度に抑えられているが、それでも2万5千年後には消滅する

と、書かれてあった。


そういった理由で水量を調節してたんだね。

1滴の水でも量が増えれば、ものすごい力になる。

自然の猛威って、ホントに驚くばかり。

まだまだ私には知らないこと、いっぱいだ!




(*゚◇゚)<またひとつ…       賢くなった!>(*^_^*)





 

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

野村四鶴雄 says...""
 我が家は海のすぐ近く。海が荒れた日には波の音が聞こえているはず。だが、慣れというのか全く気にならない。我が家より海から遠いところの友人宅にお客があったそうです。

 あんな波の音がしているのに、よく眠れるなぁ、と言われたそうです。

 ただ、すぐ近くを走る列車の音は我が家を揺らしながら走るので気がついている。
2016.01.13 04:09 | URL | #- [edit]
咲希 says..."野村さんへ"
野村さんと我が家の環境は似ていますね。
我が家も、すぐそば(20mくらい)に線路があって海鳴りも聞こえます。
でも、野村さんの言うように「慣れ」なんですよね。

その音があって当たり前。
それが生活音の一部になっています。

「慣れ」って怖いですね。(^-^)
 
2016.01.13 22:12 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/1947-0b8de726