FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
2

ライス


近頃、糖質ダイエットというものが流行っているらしい。

その影響で、飲食店での「ライス残し」が多発し、店が困っていると聞いた。


私は外食すると残すのは、もったいないと全部食べるようにしている。

ダイエットが必要な体なのだけれど、出されたものは全部食べなければという思いが働いてしまう。


以前見たドラマか何か 「お米の1粒中には7人の神様がいる」 そんなセリフを聞いたことがある。

私は、その言葉を今でも心の中で大切にしている。

それにお米を作ってくれた農家の人にも感謝したい。

そう思えば、ライスを残すなんてことは出来ないのだ。


糖質ダイエットしたいなら、注文するときに「ライス無しで。」とか「ライスは少なめに。」と言えばすむことじゃない?

「ライス無しで。」

そう注文することは恥ずかしいと思っている人がいるそうだ。

「自分は糖質ダイエットしてるぞ!」 と、宣言しているようで嫌なんだと…


なんかおかしい…

別にイイじゃん。

周りの目が気になる?

それタダの自意識過剰、被害妄想だし。


お米の中には7人の神様がいるんだぞ!

ライス残したら7人どころか何千人、何万人の神様を捨てる事になるんだ!

ね?考えよう?

「ライス無しで!」 胸張って注文しようよ!( ̄0 ̄)/ オォー!!




(*゚◇゚)<もったいないオバケが出るよ~    残しちゃダメ!>( `ω´*)





 

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

野村四鶴雄 says..."そうだよねぇ"
 我々が子供の頃、米を食べることのできる人は少なかった。と思っていたが、少し範囲を広げて見ると、田んぼを持っている農家も結構あって、田んぼのある地方の子供はお米を食べていたのかも。知らなかっただけかも。

 供出と言う言葉が昔ありました。今の北朝鮮みたい。

 とにかく貴重品であったのは確か、その田んぼが荒れ果ている。時代の流れかな?

 鹿児島大学の農学部の実習田さえ、埋め立てられて工場のようなものが立っている。

 我が地方で生産されたお米より、水の綺麗な地方のお米が断然美味しい。

 でも、お米には神様が宿っている、と言う気持ちには変りはありません。
2016.05.24 05:06 | URL | #- [edit]
咲希 says..."野村さんへ"
コメント遅くなって申し訳ありません。m(_ _)m


世界のどこかで飢えた人たちがいるのに…
日本って、どこか間違ってますよね。
日本だって昔は食べたくても食べられない人たちがいたのに…

食べ物を粗末にすることが嫌いな両親に育てられました。
なのでお茶碗のお米を1粒でも残すと叱られていました。

「お米の中には7人の神様が居る」

今思えば両親は、そういう事を教えてくれていたのかもしれませんね。
 
2016.05.25 23:48 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/2079-6140c0f6