FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
4


先日、親戚の不幸があって告別式に行った。

無宗教なので、お坊さんを呼ぶことも、お経をあげることもなく告別式は短時間で終了した。

故人の遺志だったのだろう。

アットホームな告別式で、言い方は変だけど良い式だった。



一緒に行った家族が「あんな式もイイね… 戒名代もいらんし。」とポツリ。

聞く所によると戒名代って30万は下らないのだそうで…

死ぬってことは、お金がかかるのね。

葬儀代も安くはないらしいし…



もしもの時は、私も無宗教で、お坊さん無しでいいから!

お墓もいらん!!

骨は散骨してくれよん!(*ゝω・)テヘペロ


そう家族に伝えた。

今の時代、いつ逝ってもおかしくない。

運転中なのに例のスマホゲームしてるヤツが突っ込んでくるかもしれないし…

なので、遺言(?)は思い立った時に口にしておこうと思う。



葬式といえば思い出したことがある。

母親が亡くなったあと、自分に血の繋がった兄がいたと知らされた人がいた。

母親は、父親とは再婚だったということだ。

最初の結婚で男の子を生んで別れたってことだね。


その事を通夜の時に聞いて驚いたそうなんだけど、彼女は、ずっと一人っ子だったから複雑だけど血の繋がった兄がいたと知って喜んでいた。

う~ん…

そんなものなのかねぇ…


まぁ、どうしてそんなことになったのか事情は知らないので、何とも言えない。

彼女にしてみれば30年以上も一人っ子で育ったわけだし、その長い時間を一気に埋められるほど器用でもない。

でも、最初に会った告別式の日に会話して、一緒に食事をしたことで距離もグッと縮まったに違いない。


なんだかドラマの中のような出来事が実際に身近に起こるんだな…

今日は、そんなオハナシ。(*^_^*)


 

 

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

野村四鶴雄 says..."坊さん呼ばないで"
 私も、坊さん呼ばないで葬式もしないでと伝えてあるのですが、法律で決められた最低限のことをして、灰は近くの川からばら撒いてといってありますが、、、、

 子供に直接伝えないといけないと思うのですが、まだ、子供には伝わっていません。間を通して話をしてあります。
2016.07.25 03:22 | URL | #- [edit]
窓 says..."エンディングノート"
咲希さん、おはようございます。^^ヾ

スマホゲームの『ポケモンゴー』がついに日本でも解禁になりましたね。

うちのような田舎でも、歩きスマホをしている人を多く見かけるようになりました。
どう贔屓目に見ても、この歩きスマホ現象は私には解せません。

もう自分が生きている間は、恙なく生きられることにだけ、目を向けようと思う最近です。(;^_^

私は50歳の誕生日に一人娘に遺す、エンディングノートを書き始めました。
最初には、いたずらに延命措置はしてほしくないこと、
それと使用に耐えられるのなら、臓器をすべて寄付したいと。

まぁ、臓器提供も、そのうち、必要なくなる時代が来ると思いますけどね。
次に、葬儀のことについて、自分の考えを書きました。

1年前、娘にそのノートを初めて見せたときに言われました。

「誰も呼ばないなんて、じゃ私が責められる」・・・・・・って。

死んでいく私はいいけど、遺族はどうするのかと思った出来事でした。
葬儀は誰のためにするのか、なんて真剣に考えてしまいますよね。



2016.07.25 09:25 | URL | #C6mduWPs [edit]
咲希 says..."野村さんへ"
お返事遅くなりました。m(_ _)m


自分の死後のことは、人それぞれの考えを持ちのようで…
お墓も考えものですよね。
子供たちも若くて記憶があるうちは良いのですが、代が変わっていくうちに忘れ去られて行くようで…

残されたものに負担が掛からないようにしたいとだけは思ってます。
2016.07.27 22:13 | URL | #- [edit]
咲希 says..."窓さんへ"
お返事遅くなりました。m(_ _)m


「エンディングノート」良いですね。
私も延命措置だけは、しないで欲しいと思ってます。
とにかく残された家族に負担をかけたくない…

臓器提供も意思表示カードを持っているのでその点は大丈夫。


娘さんの言われた
「誰も呼ばないなんて、じゃ私が責められる」・・・・・・って。

娘さんの気持ち、わかる気がします。
思いは残されたものへ―――
そう思ってのことが裏目に出てしまうのですね。
私も窓さんのコメントを読んで葬儀は「お別れの会」にしてもらうように伝えようと思います。

本当に葬儀は誰のためにするのか、なんて真剣に考えてしまいますね。
 
2016.07.27 22:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/2142-80710317