FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
6

白いデッキシューズ


8月のある日、JA主催の戦隊ヒーローショーがあった。

大きなテント数台を組み立てた屋根の下にブルーシートを敷き詰めた座敷。

その座敷に子供達が座り、ヒーローショーを楽しんでいた。

テントの周りでは野菜などの特産品や、ちょっとした屋台も出店している。

たこ焼き、焼きそばに、かき氷…

この日は特に暑かったので、かき氷が飛ぶように売れていた。


ヒーローショーが見たかったわけではないのだけれど、テントのすぐ脇で配られていた、団扇が欲しくてテントの中に入っていった。

ブルーシートを踏まないように座敷のすぐ横をかき分けて歩いた。

団扇をもらい、テントの外に出ていくところでメインのヒーローショーが始まった。

テントの外に出入りする道が混雑し始めたので、ブルーシートのすぐ脇で立ち止まり、ちょっと見ていくことにした。


私の横で男の子の名前を呼ぶおばあちゃんが現われた。

座敷に座っている男の子を手招きして呼ぶと、おばあちゃんが、かき氷を差し出した。

メロン味のかき氷。

おばあちゃんは孫にソレを渡すと、どこかに去っていった。

嬉しそうに、かき氷を見つめる男の子。

男の子は自分が座っていた場所に戻るのを待てず、手渡された場所で立ったままかき氷に差してあったストローのようなスプーンを引き抜き食べようとした。


子供のすることだから…

上手くスプーンが抜けず、メロン味のかき氷が、かなりの量こぼれて落ちた。

地面にこぼれ落ちたのなら良かったのだけれど…


ブルーシートの座敷に座るのにブルーシートの脇には、所狭しと靴が脱ぎ捨てられたように並んでいた。

子供の靴。

その子供の付き添いの親の靴。

その中に真新しい白い大人のデッキシューズがあった。

よりにもよって、メロン味のかき氷は、そのあたらしいデッキシューズにこぼれ落ちたのだ。

みるみる緑色に染まっていく真っ白なデッキシューズ。

かき氷をこぼした男の子は、一瞬慌てたような顔をしたあと何もなかったように座っていた場所へと戻っていった。


一部始終を目撃した私。

こんな時どうしたものか…

この靴の持ち主が分からない。

それに持ち主が分かったとしても「あそこに座ってる男の子が、かき氷をこぼしましたよ!」と教えていいものかどうか…

かき氷を買って手渡した、おばあちゃんが、どこにいるのかもわからない。

顔さえ覚えていない。


気の毒に…

そう思いながら、その場所を離れるしかなかった。





ネタのない苦し紛れの2か月前の記憶です。(//∇//)



スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

森の端材工房 says..."No title"
う~ん、
この状況なら、どうもできないですね。
持ち主の人が困った感じをしているのなら、教えてあげるかもしれませんが、その子を見張りつつ、その持ち主が誰か見届けるために、最後まで残っているのも、そこまでするか・・・という感じですしね。
でも、目撃している人は、咲希さんの他に絶対にいると思うんですよ。
きっと、その人たちも対応に迷ったと思いますよ。
2016.10.03 00:45 | URL | #qbIq4rIg [edit]
says..."No title"
こんばんは。
自分が見ている間に、仮に靴の持ち主が現れても
「あの子どもが汚した!」とは言えないですよね。
故意ならともかく。

私も以前、夜のお花見で賑わう公園の駐車場で、当て逃げを見た事があります。
思いっきり車の横っ腹にぶつけたので、車体も凹んでしまっていて
近づいていったら「後でまた帰って来ますから!」って言って
そのまま車で去っていってしまったのです。
私達は仕事中で移動しなくてはならなくて、結局その人達が帰ってきたかどうかは不明のままです。
こういう出来事って、いつまでも気になりますよね;
後味悪いです;
私がぶつけたわけでもないのに・・・(苦笑)

でも咲希サン、心配しなくて大丈夫♬
洗えば汚れは落ちるから。
私ならゴシゴシ綺麗にしちゃうもん♬
2016.10.03 03:39 | URL | #/7CmAM7k [edit]
窓 says..."うーん、むつかしいですね。"
その場で、注意できたらとも思いましたが。
幾つくらいの子どもさんか分かりませんが、最近、私はこのような場面に遭遇すると、やはり、咲希さんと同じような態度をとるかなと思います。

一度だけ、スーパーのお菓子売り場で、陳列からそのままお菓子をむしゃむしゃ食べている男の子を見ました。

こんな時って、良心が芽生える、たぶん、初めの一歩だと思ったのです、私は。

注意する→その子の祖母らしき人が登場→私を睨み付け、そのまま去る。

こういう経験があります。
言いたいことはたくさんあれど、言っても分からない人々が居るのだと、身に染みて分かった出来事でした。

きちんとご家庭で、いい意味の躾ができている子どもならば、その場を去ったりはしないと、そう思うのです。

2016.10.03 11:14 | URL | #C6mduWPs [edit]
咲希 says..."森の端材工房 さんへ"
こんばんは。
コメントどうもありがとうございます。m(_ _)m

そうですねぇ…
この靴の持ち主が、どこにいるのかも分かりませんし、ショーが終わるのも待っていられないし…
どうにかしたいと思ってみても、どうすることもできませんでした。

どうすることもできず、ただ緑色に染まっていく靴を見ていることしかできず…
なんとも後味の悪い出来事でした。
 
2016.10.03 23:07 | URL | #- [edit]
咲希 says..."ビバ子さんへ"
こんばんは。(*^_^*)
コメントどうもありがとうございますm(_ _)m

そうですね~
イタズラとかじゃなく、わざとかき氷をこぼしたわけじゃないし…
ショーが終るのを待って靴の持ち主を見つけて説明する時間もないし…
私には、黙ってその場を離れることしかできませんでした。


ビバ子さんは、当て逃げを目撃したんですね。
きっとその犯人、戻ってこなかったはず…
良心ある人なら、まずは自己処理を呼ぶはず。
もう逃げるっきゃない!とスタコラサッサと逃げたんでしょうね。 ヽ(`-´#)ノ

幸いなことにビバ子さんの言うとおり、靴は洗えばキレイになる!
それだけが救いです。(*^_^*)
 
2016.10.03 23:24 | URL | #- [edit]
咲希 says..."窓さんへ"
こんばんは。(*^_^*)
コメントどうもありがとうございますm(_ _)m

男の子は、見たところ5~6歳?
悪いと分かっても、どうすることもできない。
どうしよう…
でも…まっ、いっか!
そんな感じでした。

周りにも大勢人がいて、注意するにしても、ちょっと出来ないような状況でした。(大注目を浴びそうな…)
なので、黙ってその場を去ることしかできませんでした。_| ̄|○


私もスーパーで、まだ代金を払っていないのに、商品を飲み食いさせている親御さんを見かけます。
後で支払うから、いいだろうと思っているのでしょうが…
それ、とってもダメですよね。
親が許しているから子供が、やってもいいことだと判断しちゃいますよね。
でも、それ犯罪です。
代金を払うまで、商品は店のもの。
万引きと同じことだと思うんです。
それに、食べてしまったあと、本当に代金を払っているのかも疑問です。

親は子の鏡にならないといけないのに…
この子供たちが大きくなって社会に出たとき…
未来の日本が心配でたまりません。
2016.10.03 23:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/2213-5eda5805