FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
6

「何か」



世の中には科学的に証明できない「何か」が存在すると信じている私。

その「何か」を見たことは無いのだけれどソレは、きっと存在すると思っている。


4年くらい前だったか…?

我部に、その「何か」が見えるバイト君がいた。

1年くらいでバイトを辞め他県に出て行ったのだけれど―――


「何か」が見えると知ったのはバイト君が我部に来て半年位のこと。

本人から聞いたわけではないので「見えるんだってね?」なんて好奇心丸出しで話しかけることはしなかった。

聞いてみたいこと、知りたいこと、たくさんあったのだけれど、やっぱり特別な目で見られるのは嫌なのではないかと…

なので、そのことについては一切触れずに今まで通りに接することにした。


バイト君が辞める半月くらい前、仕事を始める数分前に、こんなことを言われた。

「ちょっと前まで、肩が痛くなかったですか?」

えっ!?Σ(゚д゚lll)

「何か、おった?」

突然だったのでビックリして、そんな風にしか言えなかった。

「はい。でも、もう何もいませんけどね。」(*´∀`*)

そう言ってバイト君は笑った。


そう言えば肩がダル重かったような…

心配するようなモノじゃなかったからバイト君は笑い話のように話してくれたのだろう。

いったい、どんなものが見えていたのだろう?




1週間前くらいから目が覚めた途端、腰に痛みが走るようになった。

今まで腰が痛くなるなんてインフルエンザの時か、ぐうたら寝すぎた時にしかなかった。

寝違えたのかな?

そんな風に思っていたのだけれど、いつまでたっても痛みはなくなることがなかった。

「腰が痛くないのが私の取り柄」

そう自負していたのに…

頭の中にチラッと浮かんだのは霊障

いや、まさかね…


2日前。

休日だったので母のお墓参りに行った。

車を降りるとき「アイタタタ…」

そう言いながら降りたのを、はっきり覚えている。

いつものようにお水を替えて、線香をあげて…

家族を見守っていてくださいと手を合わす。

特別なことなど何もない、いつもの普通のお墓参り。

不思議なことに帰宅して車から降りたとき腰の痛みはなくなっていた。


この世には科学的に説明できない「何か」が、きっとある。

その「何か」が見たいわけではない。

いや!見えたら怖いから見えなくていい。

でも、その説明できない不思議な「何か」は、あっていい。

できるだけ怖いのは勘弁してね。(//∇//)

優しくて、面白いのがイイな。



スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

ビバ子 says...""
咲希サン。

おはようございます❤
私も「見える人」や、「見えるもの」の存在は否定しません。
いわゆる霊感といわれるものは、私は全く有りませんが
心の綺麗だった(本人は今も綺麗なつもり;笑)子供の頃は
不思議なものや不思議な出来事に何度か遭遇した事があります。
霊障って気持ちのよい言葉ではないですよね;

私、咲希サンのお話を読ませて頂いて、私にとって
あまりにリアルタイムだったりして、驚く事が度々あります。
「見える人」について、数日前にネットで色々調べていたの;
これもきっと何かのご縁かな☆って思っています。
そう考えると、人生って不思議がいっぱい(笑)←大袈裟?

見える人に見てもらいたいけれど、自分は見えたくない!
見えたら怖すぎる! 咲希サンと同意見❤ (○`エ´)ノ

お母様に限らず、ご先祖様みなさん、咲希サンの気づかない所でも
見守ってくれていると思います。
その気持ちをキャッチできる咲希サンは、心の綺麗な人なんだと思います❤



2017.01.27 06:23 | URL | #/7CmAM7k [edit]
窓 says..."こんにちは~~~♪"
あるある、派です、私も。
それも絶対に!と言いたいです。
母が死んで、四十五日の間、ずっと仏間に蠅が飛ぶのです。
それも、巻線香の周囲から離れないのです。
三女の妹と二人で、「お母ちゃんが見てるんやね」と言い、泣きました。
それ以来、私は、蠅を見ると、声を掛けてしまうのです。(;^_^

咲希さんの亡きお母さまが、きっとお墓参りに来てくれた娘に、障りをとってくださったのかもしれませんね!!

そう信じたいし、信じることで心が安らぎますよね。^^ヾ

2017.01.27 13:29 | URL | #C6mduWPs [edit]
bejita says...""
こんばんは
バイト君怖いこと言いますね・・・。

僕はその「何か」のようなものを少年時代に見た事があります。
といっても確信はなくて・・・。
なので僕はその「何か」は信じたい派です。
本当にいるのならば
見えるのならば
たとえ夢でも会ってみたい人がいます。

昔は極度の怖がりでしたが
今は何故か怖いとかは思わなくなってきました。
2017.01.27 22:04 | URL | #- [edit]
咲希 says..."ビバ子さんへ"
こんばんは。
いつもありがとうございます。m(_ _)m

そうですね~。
子供や動物には、その「何か」が見えるようですね。
じっと宙を見つめていたり、手を振ったり…
大人になると見えなくなるのでしょうね。

私には霊感もないし、見たこともない…
怖がりなので、私には霊感がない方が幸せなのかもしれません。

現世で交流がある人は、前世でも交流があった人だと聞いたことがあります。
ビバ子さんとも、きっと何かの繋がりがあったのでしょうね。(*^_^*)
ご縁は大事にしたいです。(//∇//)


「心の綺麗な人」
いえいえ、買いかぶりですよ!(//∇//)
でも、そう言っていただけるのは嬉しいです。ありがとうございます。
本当の私は頭の固い普通のオバサンですので。(//∇//)

ついでに…
私、守護霊も信じている人です。
すごく守られていると思います。
守護霊が誰なのか知るすべはありませんが、感謝の気持ちでいっぱいです。
日々感謝してすごしたいですね。(*´ー`*人)

2017.01.27 23:20 | URL | #- [edit]
咲希 says..."窓さんへ"
こんばんは。
いつもありがとうございます。m(_ _)m

不思議なことが、あるものですね。
窓さんは、蠅ですか…
虫などは煙を嫌うものでしょうけど、巻線香の周囲から離れない蠅なんて、やっぱり不思議。
蠅に姿を変えてお母様が傍にいてくれたのですね。
蠅を見ると声をかけてしまう窓さんの気持ちがよくわかります。


昨日の記事には普通のお墓参りと書きましたが、私は今は亡き宜保愛子さん式のお墓参りのやり方を実践しています。
両隣のお墓と、自分のところのお墓の右側に無縁仏様用にお線香をそれぞれ1本お供えするというお参りの仕方です。
今回は母が腰の障りを祓ってくれたのだと思いますが、無縁仏様に供えたお線香が良かったような気もします。

世の中には説明できない何かが、きっとあるのです。
見守ってくれている人たちのためにも正直に生きていきたいと思っています。
2017.01.27 23:43 | URL | #- [edit]
咲希 says..."bejita さんへ"
こんばんは。
いつもありがとうございます。m(_ _)m

bejitaさん、少年時代に「何か」を見たことがあるのですね。
怖かったですか?
私には霊感はありませんし、見たこともありません。


>本当にいるのならば
>見えるのならば
>たとえ夢でも会ってみたい人がいます。

これを読んで涙が出ました。
私にもいます。
会いたい人が。
私が、そこに行かなければ会えないのでしょうね…
でも今行くと、きっと「まだ早い!」と言って叱られると思います。
だから、せめて真っ当に生きる姿を見守っていて欲しいと思います。
見られて恥ずかしくない生き方を。

夢の中でもいいから会って話したい。
本当に、そう思います。
なかなか夢には出てきてくれないんですよ…(´;ω;`)
2017.01.27 23:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/2329-cfb01c3a