FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
4

命日



今日は母の命日だった。

今日は家族の仕事の都合で、夕方にお墓参りに行くことになった。

冬とは言え日が落ちるのが少しずつ長くなった。

夕方5時でも十分明るい。

それでも、あまり遅い時間にお墓参りに行くものではないので、急いで済ませることにした。

お菓子をお供えして、お水を替えて、線香をあげて…

今年はお花を買う時間がなくてゴメンネ…

お墓参りは月に1度は行くようにしている。

お花は次に持ってくるね。


母は突然死だった。

家人が留守にしている間、誰にも看取られることもなく、ひとりであの世に旅立った。

第一発見者は私。

母は、もう息を引き取ってから、かなりの時間を経過していたようで、すでに冷たくなっていた。

頭が真っ白で、どうしていいのかわからない。

取り敢えず救急車に連絡。

電話の向こうで「どうしましたか!?」と叫んでいる声が聞こえる。

母が死んでいる…

認めたくなかった。

言葉に出して言うことができない。

言葉にすると、なにもかもが終わってしまうような気がした。

「母が冷たくなっていて…」

多分そう言ったような気がする。


救急車が来た。

誰も最後を見た人がいないということで警察の方も来た。

あとは覚えていない。

事件性はないということで病死と結論が出た。

医師が死因を調べますか?と聞いてきた。

遺体を切り刻んでまで死因なんて調べる必要はない。

死因が分かったところで母は生き返りはしないから。


「逝く時はポックリ逝きたいねぇ。」

誰にも迷惑かけたくないからと、そう母は言っていた。


ポックリ逝きすぎだよ~

あんまりじゃないか。

家族には迷惑かけていいんだよ。

てか、かけてほしかったよ。

どんな形であれ生きてて欲しかったよ…


苦しくなかった?

痛くはなかった?

傍にいてあげられなくてゴメンネ…


言いたいこと、聞きたいこと、たくさんあるけれど…

毎年、この日には思い出すことがたくさんあって…


梅の花が咲いてるよ。

かあさん…








もう書かない。

母の死については、もう書かない。

家族の記憶に残して欲しいから…

これが最初で最後。

これは私の心の中の記録。








スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

森の端材工房 says...""
今日はお母様の命日だったんですね。
私の母も同じ1月です。

でも、月に一度のお墓参りをされているってすごいですね。
母のお墓も、歩いて行けるぐらい近くにあるというのに、お盆とお正月ぐらいしか行けてません。
後は子供を公園に連れて行く時の通り道なので、気が向いた時に、ちょっと手を合わせに寄るぐらいです。

突然、亡くなってしまうのも、茫然としてしまいますよね。
子供に迷惑をかけたくない・・・
本当に、最後の最後まで自分のことより子供のことを想ってくれているんですね。
親ってすごいですね。
2017.02.01 00:32 | URL | #qbIq4rIg [edit]
窓 says..."涙がとまりません"
咲希さん、永遠などないと分かっていても、

母は特別な存在、自分の魂のルーツ、港、心のよりどころ、安らぎなどと、
いくら書き並べても、母はいつまでもいつまでもそばにいてほしい。

頭が真っ白だったことでしょう。
そうしながら、お母さん、お母さんと叫ばれたかもしれません。
そのときの咲希さんの心を想像すると、涙が止まらない。

ごめんね、文字がまだ打ちづらくて、乱文になっていたらごめんなさい!<(_ _)>
無理にしまわないで、思う存分、お母様のことを想う日でありますように。

2017.02.01 10:54 | URL | #C6mduWPs [edit]
咲希 says..."森の端材工房さんへ"
こんばんは。(*^_^*)

森の端材工房さんのお母様も1月が命日でしたか…
寒い日に旅立って行ったんですね。

母のお墓は自宅から車で10分もかからない場所にあります。
歩いていくと40分?坂があるから1時間かかるかなぁ?
月1といっても決めた日に行くのではなく、買い物の帰りとかフラッと行ってみたりする程度です。
しきみが枯れてたら…お水がなくなってたら…そう思うと可哀想で。
それが月1に行く理由だと思います。

母は私の中で偉大な人でした。
私には真似できないくらいの…
生きていたら、どんなオバアチャンになっていたのかなぁ?
毎年、命日には、そんなふうに思うわけです。(*^_^*)
2017.02.02 00:10 | URL | #- [edit]
咲希 says..."窓さんへ"
こんばんは。(*^_^*)

そうですね。
母は特別な存在。
私を産んでくれた人だから。

命に永遠など無いと分かってはいるけれど、50代という若さで、あまりにも早く逝きすぎてしまったから…
毎年、この日は思い出して、ひとしきり泣いて2月を迎えています。


窓さん、大丈夫ですか?
無理しないでくださいね。
無理して動かすと治るものも治りませんから…
ゆっくり養生されて、しっかり治してくださいね。

痛い手でコメントくださってありがとうございます。
また寒くなりました。
風邪に気をつけてご自愛くださいませ。
2017.02.02 00:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/2335-eefc0cf0