FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
5

門司港レトロ




まだまだ引っ張る、門司港ネタ。m(_ _)m

何度も書いて申し訳ないのだけれど、私は門司港に生まれ、18歳まで育った。

小学校5年の途中まで、関門トンネル(自動車道)の入口近くに住み

小5の途中から、市営団地に移り住んだ。


実は、2年ほど前、どうしてだか急に行ってみたくなって、でも叶わなくて

グーグルのストリートビューで見に行ったことがある。

私が移り住んだ頃、すでに築何十年も経っていたので、当然のごとく、団地はなかった。

取り壊したあと、その跡地に新しく団地が建っていたのをモニターの中で見た。

そうだよね…

もう30年以上、経っているんだから…

子供の頃、過ごした家が、跡形もなく消えてしまっていたのを知って少し悲しくなってしまった。





20171122211909bb6.jpg

今回泊まったホテルは、ここ「プレミアホテル門司港」

門司港レトロ側の8階のお部屋。



門司港3

部屋の窓から外を見てみると、夕方からのイベントに備え準備中。

どうやらキャンドルナイトのようだ。(*^_^*)


20171122214216f84.jpg

冷たい風が吹く中、観光客で賑わう門司港レトロ。

当然のごとく、私たちも繰り出した。(*´∀`*)

そして、レトロ地区の一角にある「瓦そば」のお店で、夕食と相成った。



門司港4

翌朝―――

祭りのあとの寂しさ…

ちなみに、写真中央より少し右のマンションの奥に私が住んでいた市営団地があった。

小学校も中学校も、生徒数減少により統合し、今はもう無い。

私の子供の頃、過ごした校舎や団地は、跡形もなく消え去った。

これも時代という時の流れの仕業…



ホテルを出て高速に乗る前に、ワガママを言って私が住んでいた市営団地に行ってみた。

進入禁止や一方通行で、少し迷ってしまったけれど、なんとか団地があった場所にたどり着いた。

あぁ… ここだ…

ストリートビューで見た、そのままも景色が、そこにあった。


「ばーびが子供の頃、住んでいたところだよ。」

孫っち達に、言ってみたけれど、不思議そうな顔をしてるだけ。

孫っち達には、私が子供の頃のことなんて、想像できないよねぇ…(//∇//)

私にも子供の頃が、あったんだぞ!



まだまだ行ってみたい場所はあったのだけれど、時間の都合で今回はパス。

名残惜しいけれど、門司港を後にしたのでした…



明日は、別府のおはなし。(*´∀`*)






 

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

5 Comments

のんびりあーちゃん says...""
おはようございます。懐かしい光景です。

門司港ホテル 4回ほど利用しました。
開業時は単純に「門司港ホテル」と言っていたように思いますが・・
咲希さんの学校もないのですか?
門司も小倉も変わりましたね 時代でしょうか?
2017.11.23 06:59 | URL | #- [edit]
のんびりあーちゃん says...""
21日のコメント 送信した後に名前がないことに気づきました。
わかって頂いてありがとう!
2017.11.23 07:06 | URL | #- [edit]
bejita says...""
ノスタルジー・・・ですね

遥か昔から町が変化し続けてきたのは同じことでも
戦後から変化のスピードが絶対速いです
これからはどうなって行くのだろう。。。
10年後も20年後も同じようなこと言っているのでしょうかね
この記事を読んでいたらそんな気分になりました。
2017.11.23 22:28 | URL | #- [edit]
咲希 says..."のんびりあーちゃん さん"
のんびりあーちゃん さん、こんばんは。(*^_^*)

旧門司港ホテル、リニューアルしたときに「プレミアホテル門司港」と名称を変更したようです。
あーちゃんさんは、4回も利用されてるんですね。
ここは朝食が豪華で、美味しくて有名だそうで、期待して行ったのですが、噂通りの朝食!(*´∀`*)
朝から、美味しくいただきました。(*^_^*)

門司港もそうですが、小倉も凄く変わっていました。
毎日のように通っていた駅前…
面影は無くなってしまって少し寂しく思いました。


21日のコメント、やっぱり、あーちゃんさんでしたか!
勘違いじゃなくて、よかった~ε-(´∀`*)ホッ
 
2017.11.24 01:27 | URL | #- [edit]
咲希 says..."bejita さん"
bejita さん、こんばんは。(*^_^*)

いつまでも同じじゃダメなことは分かっているのですが、いざ、そうなってしまうと少し寂しい…
便利さと引き換えに、思い出というカタチが無くなっていくような気がします。

思い出は心の中に…
時にはノスタルジックに過去を振り返ってみるのもイイかもしれませんね。

10年後、20年後…
私は、どうなっているのでしょうか…?(//∇//)
 
2017.11.24 01:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/2636-42ccf304