FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
2

ちょっと昔の



今年も残すところ2日となりました。

今日も仕事、忙しかった~ _| ̄|○

明日が1年で一番のピーク。

大晦日は、長時間勤務。

それを乗り切れば、たった2日だけれど連休が待っている。

頑張れ!私!!( ̄0 ̄)/ オォー!!



今日、仕事をしていて、なぜか急に思い出したことがある。

それは、ちょっと昔の大晦日の私。


旦那と子供たちは、旦那の実家(車で1時間ほど)に正月を過ごすために帰省。

私は、ひとり家に残り、仕事。

31日は早朝から出勤。

帰宅するも疲れはピークを達し、何もする気も起きなくてグッタリ。

大晦日だというのに、スーパーで購入した惣菜を食べ、うとうとしながらTVを見る。

そのうち時間は8時をまわり…

お風呂を沸かすのも、ひとりきりなので、もったいないしメンドクサイ。

その頃、車で5分もかからないところにスーパー銭湯があって、そこに行くことにした。

時間は9時すぎ。

閉店は、たしか…10時?だったか。

なので入浴客は少なく、女湯で10人もいなかったような気がする。

脱衣所にTVがあって、格闘技が放送されていた。

そのTVを食い入るように見上げる4~5歳くらいの女の子の姿を今でも鮮明に覚えている。


そそくさと衣服を脱ぎ、お風呂へと。

体を洗い、数種あるお風呂へ順に入っていく。

ほとんど貸切状態。

大晦日のこんな時間。

そりゃ、お客はいないよね~(//∇//)

寝湯、打たせ湯、バブル風呂、歩行湯、薬湯、電気風呂…

一通り楽しんだ。

服を着替え、髪を乾かしたあと冷たいコーヒー牛乳を飲む。

あぁ…美味しい。

けど、虚しい大晦日の夜。


このあと帰宅し、ゴロゴロしながらTVを見る。

12時近くになるとお湯を沸かし、インスタントの年越しそば。

そうこうするうち、年が明ける。

こんな大晦日を数回過ごしたことがある。

まるで、ぼっち独身の大晦日のようだ。


今はと、いえば―――

大晦日、旦那は今でも実家に帰省。

娘夫婦は子供達と家に残り、私と一緒に新年を迎えている。

あの頃が、嘘のようだ。(*^_^*)


大晦日、今でも仕事は忙しい。

けど、帰宅すると家族がいる。

「ただいま~」 と言えば

「おかえり~!」 と言ってくれる孫たちがいる。

一緒に食事してお風呂に入り、紅白を見ながらお蕎麦を食べる。

日付が変わると、すぐに出かける準備。

近くの神社に初詣に行き、帰りにイルミネーションを見て帰る。

ここ数年、ずっとこんな大晦日を過ごしている。

今年の大晦日もきっと同じ。

来年も再来年も。



家族って…





いいな。










スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

bejita says...""
こんばんは
あいかわらず年末年始とお忙しいのですね。
頭が下がります。

誰かが居るとそれだけで心の支えになりますね。
大切な時間です。
2017.12.30 21:56 | URL | #- [edit]
咲希 says..."bejita さん"
bejita さん、こんばんは。(*^_^*)

やっと忙しい大晦日から解放され、ホッと一息ついたところです。(//∇//)
お正月だからといって、みんながみんな休んでいたら世の中、回らくて…
年末年始、不休でお仕事頑張っている方がいるから、世の中、回っていかれるわけで…
その中の一人に私が加わっていて、無事それを乗り越えたわけで…
世の中、うまいこといってますね。(*^_^*)

「ただいま~!」
「おかえり~」
今日は、孫っち2号が、出迎えてくれました。


bejita さん、今年1年、どうもありがとうございました。m(_ _)m
来年もどうぞよろしくお願いします。

良い年をお迎えください。(*´∀`*)
 
2017.12.31 22:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/2674-c315e005