FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
4

ネコふんじゃった



今日、仕事中に頭の中に流れ出したメロディ。

ピアノを習ったことがない子でも、この曲の出だしの部分は、

ほとんどの子が弾けるという曲。

ネコふんじゃった

メロディーは知ってても、詳しい歌詞は知らない。

なので子供の頃は

♪ネコふんじゃった ネコふんじゃった ネコふんじゃ ふんじゃ ふんじゃった♪

♪ネコふんじゃった ネコふんじゃった ネコふんじゃ ふんじゃ ふんじゃった♪

と、ウソの歌詞で歌っていた。(//∇//)

ちょっと大人になって、その先の歌詞に

「悪いネコめ!爪を切れ! ~~~ヒゲを切れ!」とかいうのをチラと聞き

ネコは踏まれたのに、なんだか理不尽なことになってるなぁ…と、感じた。



仕事中、頭の中をグルグル流れるメロディー。

で、結局、この曲の正しい歌詞は、どうなん?

それが知りたくて、さっきググってみた。

そして、とても、とても衝撃を受けたのだ。



著作権の問題もあるので、全部は書かないけど…

1番は

 ネコふんじゃった ネコふんじゃった ねこふんずけたら ひっかいた

 ネコひっかいた ネコひっかいた ネコびっくりした ひっかいた

 悪いネコめ つめを切れ

 屋根をおりて ひげをそれ

 

ほら!

やっぱり理不尽だ!

ネコは踏まれたからビックリして、引っ掻いたんでしょ?

自分が踏んづけといて「悪いネコ!爪を切れ! ヒゲをそれ!」とは…

なんだかネコが可哀想だ。(´;ω;`)



それから―――

衝撃的なのは2番の歌詞。


 ネコふんじゃった  ネコふんじゃった

 ネコふんづけちゃったら とんでった

 ネコとんじゃった  ネコとんじゃった

 ネコ お空へ とんじゃった



ネコが、お空へ?

これは、もしや…(´・ω・`)



そしてさらに―――


 ネコとんじゃった  ネコとんじゃった

 ネコすっとんじゃって もう見えない

 ネコ グッバイバイ  ねこグッバイバイ



ネコ、グッバイ?

これは、やっぱり…

ネコは、お星様になっちゃったのでしょうか?(´;ω;`)


2番の歌詞の最後は


 ネコ あしたの朝 おりといで


えっ?

明日、降りといでって、アンタ…


2番の歌詞の中には

ネコが青い空に傘さして、雲の上に行った、と歌っている。

雲の上に行ったということは、逝ったんでしょ?

逝ったのに、明日降りといでって…

逝ったのに心安らぐ暇も与えないのか…(´;ω;`)

この歌詞をあの陽気なメロディーで歌うなんてシンジラレナイ…゚゚(゚´Д`゚)゚




なんで、こんなことになっちゃったんでしょ?

それにしても、可哀想なネコ。

猫好きには、゚涙、涙の曲です。゚(´;ω;`)







 

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

bejita says...""
えぇぇ・・・
ひでぇ歌詞
いや凄い歌詞なのか!?

作曲者が猫になんか恨みでもあるんですかね
2018.02.23 09:29 | URL | #- [edit]
munezo1961 says...""
お疲れ様です。

おっしゃる通り、昭和なイイ加減、理不尽な内容な歌詞の代表・・・。

・・・酷いモノです


※いいかげんにしろ
2018.02.23 18:06 | URL | #- [edit]
咲希 says..."bejita さん"
bejitaさん、こんばんは。

>えぇぇ・・・
>ひでぇ歌詞
>いや凄い歌詞なのか!?

作詞は 阪田 寛夫
作曲は、外国曲とありました。

今、調べてビックリしたのですが―――
この方、童謡の「サッちゃん」 「おなかがへるうた」も作詞されてるようです。Σ(゚艸゚〃)
超有名な「サッちゃん」 (サッちゃんはね さちこていうんだ ホントはね)
何度も聞いて、何度も歌った曲。
この歌を作詞した方が、「ねこふんじゃった」を作詞されたとは…

>作曲者が猫になんか恨みでもあるんですかね

歌詞と同じようなことを体験したのでしょうか?
それにしてもネコが理不尽で、ビックリの曲でした。


まだまだ寒い日が続きますね。
お体に気をつけてお過ごしください。(*^_^*)
 
2018.02.23 21:26 | URL | #- [edit]
咲希 says..."munezo1961 さん"
munezo1961 さん、こんばんは。

munezoさんは、この曲の歌詞を知っていましたか?
私は50年以上生きてきて、昨日初めて歌詞の全てを知りました。
と、当時に衝撃を受けました。

>・・・酷いモノです

同感です。
ネコが可哀想すぎます。(´;ω;`)
これ童謡なんですよ?
これを子供たちがニコニコしながら歌うんですよ?
ゾッとするような歌詞に陽気なメロディー。
作詞者は、どんな意図があって、この歌詞を書いたのでしょうか?

↑の返信コメントにも書いたのですが、この歌の作詞者、阪田 寛夫さんは「サッちゃん」の作詞者でもありました。
驚き以外の何ものでもありません。
どんな意図があって「ネコふんじゃった」の歌詞を書いたのかは分かりませんが、これはちょっと…
昭和の時代では、こういうのは許されていたのでしょう。
今の時代では、きっとクレームが入り、お蔵入りになるような曲ですね。


>※いいかげんにしろ

ホント、そうだよね~ ヽ(`Д´)ノプンプン
 

munezoさんさん、コタロウくん、まだまだ寒い日が続きますが、お体に気をつけてお過ごしください。(*^_^*)
 
2018.02.23 21:39 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/2731-77296b3c