FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
4

嵐のような一日




今日、やっと南九州の梅雨明け宣言が。

ギラギラの夏が、やってきました。

今年の夏は猛暑が予想されています。

みなさま体調に気をつけてお過ごしくださいませ。



ところで―――

昨日の記事に書いたように、昨日、いろいろなことがありました。

ひと晩、気持ちをクールダウンさせて、昨日の出来事を綴っていきたいと思います。



父が、脳梗塞で入院しました。

意識はありますが、言葉が出ないようです。

自分の名前が言えませんでした。


「私のことわかる?」

そう尋ねると、大きく首を縦に振って頷きました。


数日、検査して、手術をするのか、しないのか…

経過を診るようです。



父の入院をきっかけに、兄夫婦とその娘、姪について口論になりました。

今回、知ったことは姪は、私のことを

「顔を見たくないほどキライ!」 だそうです。

数年前に、私の言った言葉に酷く傷ついたそうです。

酷いことを言った覚えはありません。

でもただ一つ、思い出せることがあります。

高校を自主退学し、何もせずニートをしていた姪を心配し


「酷いこと言うかもしれないけどね、悲しいけど親は自分よか先に逝っちゃうんだよ。

だから、その時のためにも自立できるように頑張らないとね?」


そう言ったことがあります。

それ以来、姪と会話した記憶がないので姪の言う、「酷く傷ついた」 

という言葉は、多分それなのだろうと思います。


私の言った言葉は、姪を酷く傷つける言葉だったのでしょうか?

私としては、心配と励ましのつもりだったのですが…


思い返してみれば、数年前、兄が胃ガンで手術した時も兄嫁と、姪は来ませんでした。

8時間の手術の間、私と旦那の2人、待合室で待ちました。

姪は父親が心配ではなかったのでしょうか?

私の顔を見るのがイヤだからという理由で、来なかったのでしょうか?

私には理解できません。


そのことが、ずっと頭の中にあったせいなのか―――

昨日、父の薬を病院に持っていかなくてはならなくなり、実家に寄りました。

そこで、姪と数年振りの再会…


同居している祖父が、入院したというのに、病院には行かないという姪。

私の顔を見るのがイヤだとか言ってる場合ではないと思うのですが…

それでも、行かないと言い張る姪に

「うん、わかった。」 と言い玄関を出ました。

そして一言

「もう、アンタ、ダメやわ…」 玄関のドア越しに、そう呟き病院へ。


病院に着くと兄が待っていました。

そして「ちょっと話がある…」 と、別室へ連れて行かれました。

開口一番

「俺の娘に何を言ったんか!」

と、怒鳴られました。

私が出て行ったあと姪は泣きながら兄に電話したようです。

ちなみに姪は、今25歳になります。


もう、ため息しか出ません。

父親のことよりも娘のことが心配だなんて…

その後、私の家族を巻き込んで、言い争いとなりました。

詳しいことは恥さらしになるので書くことができません。



もう兄の家族のことを考えるの止めようと思います。

私の頭の中から姪の記憶を消去しようと思います。

悲しいけれど、どれだけ心配しても兄の家族には響かない、届かない。

父の事に関しては、兄には感謝しきれないくらい感謝しています。

でも…



家に帰り号泣する私を家族が慰めてくれました。

「もう何を言っても無駄だから、放っておいたほうが楽だよ。」

「あの人達の考えと、私たちの考えは根本的に違うんだよ。」

その言葉で、どうにか落ち着くことができました。

家族は私の一番の理解者であるのだと、強く思いました。


父の事は、病院の先生、スタッフの皆様にお願いするしかありません。

そして父自身が頑張るしかありません。

頑張って、病と戦って欲しいと願っています。

そして、それを出来る限り応援しようと思います。


嵐のような一日が去りました。

そして、また新たな闘いの日々の始まりです。

病という闘いに、必ずや勝利を!!

がんばれ!父さん!!








スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

のんびりあーちゃん says...""
お父様が脳梗塞で入院されたそうですが その後いかがですか? 案じています。

ご家族の問題は他人の私がどうこう言うことはできませんが 
吐露出来たことで 少しは落ち着かれたことでしょう。
いつもの明るい 咲希さんに早く戻れますように・・

お父様の早い回復をお祈りしています。
2018.07.12 04:45 | URL | #- [edit]
しょ~ちゃん☆りょ~ちゃんじぃじ says...""
こんにちは

兄妹であっても、やはりそれぞれが独立した立場にいるので、まずは相手の事を尊重し他人と付き合うような考えでいなければならないと思います。
何かあれば、どこかで会う事もあるかもしれないけど
大切なのは支えてくれる今一緒にいる家族との時間であって、たまに会うか会わないか分からない人では無い事は事実。

兄でも姪でも義理姉でも、その人達の人生があるので余分な事は言わず、まるで他人毎の如く振る舞った方がお互いのためだと思います。
2018.07.12 08:22 | URL | #- [edit]
咲希 says..."のんびりあーちゃんさん"
のんびりあーちゃんさん、こんばんは。

昨日の記事、書こうか、書くまいか悩みました。
娘は、「あまり好ましくないと思う。」と、言っていましたが…

「ブログは記録」
数年後に読み返して、その時の気持ちを思い出したり、バカだったなぁ~と、笑える日が来るかも知れないという思いで、記録として残すことにしました。
あーちゃんさんが、おっしゃるように、書くことによって「吐露出来た」という気持ちもあります。
結果的に、公開で愚痴ってしまいました…(//〇__〇//)

あーちゃんさんには、いつも励ましのコメントを頂いて感謝しています。
本当にありがとうございます。
今日のブログにも書きましたが、17日、手術の予定です。
兄のことは、考えないように、父の事だけ集中しようと思います。

コメントどうもありがとうございました。
 
2018.07.12 22:11 | URL | #- [edit]
咲希 says..."しょ~ちゃん☆りょ~ちゃんじぃじさん"
しょ~ちゃん☆りょ~ちゃんじぃじさん、こんばんは。

じぃじさんのアドバイス、しっかり受け止めました。
私が「こんなこと常識だ!」 「これが普通じゃん!」 と、思っていることが、他者にとって必ずしも同じではないことだと学びました。
個々の家庭によって教育方針が違うのは当たり前ですね。

義姉の教育方針は「子供に我慢をさせないこと」のようです。
欲しいモノがあれば、すぐ買ってあげる。
学校に行きたくないと言えば、無理に行く必要はないと、強制しなかった…
そんな姪を兄夫婦は愛している。

兄夫婦が、姪のことをそれで良いと思っているので、もう何も言いません。
私のことを顔を見たくないほど嫌っている人間に、心配し、良くしてあげなければ…なんて、私は、お人好しな人間じゃありませんもん。
私の娘と息子に迷惑をかけるようなことさえしなければ、もうそれでいいです。
これからは、父のこと、家族のことを一番に。
愚痴って申し訳ないです。m(_ _)m

コメントどうもありがとうございました。
 
2018.07.12 22:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/2876-3507c967