FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
8

退院が決まりました




父の退院が決まった。

来週28日。

兄から娘に連絡があったようだ。

昨日、孫っち1号、2号を連れて父の病院へ行った。

その時は、退院の話は出なかったので、今日決まったようだ。


今回、父が入院して、兄と揉めてから、兄は私の携帯ではなく、娘の携帯に連絡してくるようになった。

兄が、私と話したくないのだろう。

私も兄とは、話したくないので、それで構わない。

ただ、娘まで巻き込んでしまって申し訳ない気持ちだ。


父は、退院後、特別養護老人ホームに入所することが決まった。

兄が、探し、決めたとのこと。

これまでのように兄との同居は、きっと難しいと判断した結果なのだろう。


私は…

親をホームへ入所させるということの罪悪感が半端ない。

母を59歳という若さで亡くし、父親孝行しなければと、あんなに思っていたのに…

これが、親孝行なのか…?

ホームに入所することが悪いというわけではなく、家で普通に過ごさせてあげられないことが

なんというか申し訳なくて…


「俺は長男だから。」

兄は父の事で、こう言ったことがあった。

長男としてプライドがあるのだろう。


私が父の面倒を見る…

考えたことがあるけれど、娘夫婦の同居。

そして、来年に、また孫が産まれる。

そんな事を考えると、悲しいけれど無理だ。



父の気持ちは、どうなんだろう?

それが気がかりだ。





↓ 「拍手してね」の下 (READ MORE) で記録として愚痴っています。(//∇//)



web拍手 by FC2



以下 愚痴が満載です。m(_ _)m








ただ、ひとつ確実に言えることは、兄と一緒にいると父はダメになってしまう。

兄は、父と私に対して辛く当たる。

物の言い方ひとつにしてもそう。

そして、一番の問題が、父は下の世話が必要になってしまったから。

来週、退院して家に帰ったとしても、辛く当たる兄が、父に対して、優しく接することができるのか?

否、出来るはずがない。

怒りながら、不機嫌そうに世話をする兄の姿が容易に想像できる。


「○○(兄の名前)は、どうして、あんな言い方するんやろうね?」

いつだったか、父がボソッと呟いたことがある。

兄は、変わってしまった。

怒って不機嫌な話し方しかできない人間に変わってしまった…


どうして、そんな言い方しかできないのか?

父が入院する前、兄に聞いたことがある。

その問いに対して、兄はこう言った。

「母さんが死んだから…」


兄は、母が亡くなったのを自分のせいにしている。

自分が、海外旅行に行っている間に母が亡くなったことをずっと引きずっている。

でも、だからといって、残された家族の父と私に対して、いつも怒った口調でしか話さなくなったのは違うだろ?

娘や旦那には、普通に話せるのに、どうして父と私には普通に話せない?

父と私が憎いのだろうか?

ワケが分からない。


でも、もういい。

私には実家がなくなってしまった。

兄の住む家には、もう行くこともないだろう。

実家だった家の鍵を返そう。

もう、必要ない。



父の退院が決まった。

今は、それだけで良かったと。

父がホームに入所したら、たくさん会いに行こう。

孫っちと一緒に、たくさん会いに行こう。

今、思うことは、それしかない。

それしかない…





スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

8 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.08.24 06:48 | | # [edit]
クマ社員 says..."(´・ω・`)"
とても難しいお話です。
近しい人ならばそれだけ相手の感情が理解出来ないのは悲しいことですよね。


実はクマも数年兄とは連絡取っていません。
昨年末久し振りに「仕事辞めるから」と一報を入れたのみです。

きっかけは母が亡くなってからで、兄は人が変わった様に自分や父に攻撃的になってしまいました。
きっと長男にとっての親の死は想像出来ないくらいのストレスなのかな?と思うようにしてます。

何にしても特養に入られるお父様にとってひ孫の顔が見れる事ってこれ以上は無いくらいの親孝行だと思います。
とても素敵な事だと思います。
2018.08.24 09:06 | URL | #- [edit]
クマ社員 says..."(´・ω・`)"
とても難しいお話です。
近しい人ならばそれだけ相手の感情が理解出来ないのは悲しいことですよね。


実はクマも数年兄とは連絡取っていません。
昨年末久し振りに「仕事辞めるから」と一報を入れたのみです。

きっかけは母が亡くなってからで、兄は人が変わった様に自分や父に攻撃的になってしまいました。
きっと長男にとっての親の死は想像出来ないくらいのストレスなのかな?と思うようにしてます。

何にしても特養に入られるお父様にとってひ孫の顔が見れる事ってこれ以上は無いくらいの親孝行だと思います。
とても素敵な事だと思います。
2018.08.24 18:45 | URL | #- [edit]
森の端材工房 says...""
咲希さん、こんにちは。
お父様の退院が決まった様で、おめでとうございます。
お父様を自分の家で過ごさせてあげたいという咲希さんの気持ち、よく分ります。

本来なら、ご実家で助け合いながら、お父様を支えていかれるのが理想的だと思いますが、それでも一緒に暮らされているお兄様一家の負担が大きくなると思われますし、話されている状況からしますと、ストレスから言葉もますます強くなるかもしれません。
それよりは、ホームに入られる方が、お父様にとってもいい選択だと思います。

ただ、大切なのはホームに任せっきりにならないことだと思います。
ホームに入られても、家族と一緒に生活していると感じさせられれば、これほどよい事はないと思いますよ。
なので、たくさん会いに行って、お孫さんの顔を見せたり、お話をたくさんしてあげて下さい。
また、ホームの方とも情報交換され、スタッフと共に家族の様な関係になれたらいいですね。
2018.08.24 23:56 | URL | #qbIq4rIg [edit]
咲希 says..."鍵コメさん"
鍵コメさん、こんばんは。(*^_^*)

そちらに行ってお返事しますね。
コメントどうもありがとうございました。m(_ _)m
 
2018.08.25 00:00 | URL | #- [edit]
咲希 says..."クマ社員さん"
クマ社員さん、こんばんは。(*^_^*)

>とても難しいお話です。
>近しい人ならばそれだけ相手の感情が理解出来ないのは悲しいことですよね。

そうですね…
こんなことになって、すごく悲しいです。


>実はクマも数年兄とは連絡取っていません。
>昨年末久し振りに「仕事辞めるから」と一報を入れたのみです。

>きっかけは母が亡くなってからで、兄は人が変わった様に自分や父に攻撃的になってしまいました。
>きっと長男にとっての親の死は想像出来ないくらいのストレスなのかな?と思うようにしてます。

そうでしたか…
クマ社員さんもお兄様のことで、色々あったんですね。
子供にとって「母」は特別な存在です。
クマ社員さんのお兄様は、特に、その気持ちが大きかったのでしょうね…


>何にしても特養に入られるお父様にとってひ孫の顔が見れる事ってこれ以上は無いくらいの親孝行だと思います。
>とても素敵な事だと思います。

今、入院している病院よりホームの方が、我が家からは、断然近いので、助かります。
なので、買い物ついでに寄ってみようか?と気軽に会いに行くことができます。
孫っち達の小さな手は、何よりも父の元気のもとになることでしょう。
たくさん会いに行こうと思ってます。

コメントどうもありがとうございました。m(_ _)m
 
2018.08.25 00:11 | URL | #- [edit]
咲希 says..."森の端材工房さん"
森の端材工房さん、こんばんは。(*^_^*)

悩みを吐露できて、良かったと思っています。
そして、コメントもいただけて嬉しく思います。

>本来なら、ご実家で助け合いながら、お父様を支えていかれるのが理想的だと思いますが、それでも一緒に暮らされているお兄様一家の負担が大きくなる>と思われますし、話されている状況からしますと、ストレスから言葉もますます強くなるかもしれません。
>それよりは、ホームに入られる方が、お父様にとってもいい選択だと思います。

本当は、家に帰らせてあげたいと思うのですが、兄の事を考えると、このまま病院で過ごすことのほうが父は幸せなのかもしれないと、心の片隅で思っていました。
退院後の父の生活が、気になっていたところに、「ホームに入所」との連絡が。
安心と同時に、父の本意はどこにあるのかを考えると罪悪感を感じて悩みます。
実家に行くと、いつもひとりでTVの前に座っている父でした。
そう考えるとホームに行くことのほうが幸せなのかもとも…
父の気持ちが、どうなのかが一番の気がかりです。


>ただ、大切なのはホームに任せっきりにならないことだと思います。
>ホームに入られても、家族と一緒に生活していると感じさせられれば、これほどよい事はないと思いますよ。
>また、ホームの方とも情報交換され、スタッフと共に家族の様な関係になれたらいいですね。

そうですね。
同じような境遇の方がいると安心できるというか、心強いと思います。
私もいま入院している病院よりも、我が家からは近くなるので、会いに行きやすくなります。
孫っち達も父に会うことを嫌がらず、喜んで手を握っているくらいですから、これからも安心して会いにいくことができると思います。
これから先のことを考えると不安もありますが、ひとつずつ乗り越えていくしかないですよね。(*^_^*)
「なんくるないさ~!」

コメントどうもありがとうございました。m(_ _)m
 
2018.08.25 00:28 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.08.25 07:05 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/2920-a895c795