FC2ブログ

咲希のひとり言

ありふれた日常、思ったこと、考えたことを毎日書いていけたらなぁ…
0

「ああ。」




今日も、父のお見舞いに行ってきた。

私の願望なのかどうなのかは分からないけれど、見るたびに快方に向かっているような気がする。


救急車で運ばれた翌日には、意思疎通は出来なかった。

それが、昨日、今日と、私が言っていることが理解できていて、

帰り際に 「また来るからね。」 と言うと、父は 「ああ。」 と、小さく頷いた。


先生や看護師さんの治療や、薬のおかげなのだろうけど、まずは父が、

生きるという望みを捨てていないからだと思う。

「まだ生きたい」

その気持ちが、父を快方へと向かわせているのかもしれない。

その快方は、一時的なものかもしれないけれど、それだけで家族は気持ちが楽になる。

私は奇跡を待っているのかもしれない。



今日の夜、HNKの番組で、延命治療についての番組が放送されていた。

父のこともあるので、娘と二人で、その番組を見た。


「私は、延命治療は、しなくていいからね。」

そう娘に伝えた。

終活ノートを書くには、まだ早いかも知れないけれど、今の時代、明日何があってもおかしくない。

最低でも、これだけは記録として残しておこう。


「延命治療は望まない」




病院の帰りに、母のお墓参りに行った。

線香をあげ手を合わせる。

「もう少し待ってあげてね…」

孫っちの手に持っていたタンポポの綿毛が、フワッと風に揺れ飛んでいった。






スポンサーサイト



web拍手 by FC2
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mihashiren1.blog109.fc2.com/tb.php/3010-b2cdc08d